デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」に行ってきた

Art/ Design
©haneusagi.com

こんにちは!はねうさぎです。

東京・天王洲の寺田倉庫G1ビルで開催されている、デヴィッド・ボウイ展に行ってきました。

もし彼が生きていたら70歳の誕生日となる2017年1月8日(日)から開催されており、4月9日(日)までの約3か月間が会期です。

そろそろ会期も後半ということと、雨が降っていた遅い時間だったので、うわさで聞くよりは長い間待つこともなくわりとすんなり入場できました。

行ったのが週末だったのでそれなりに混んででいましたが、めちゃ込み!と言うわけではなかったので、会期終わりギリギリよりは今の時期に行くのがよいかもしれません。

また、大人の当日券入場料は2400円ですが(高!)、16:00以降の当日入場枠の場合は「トワイライトチケット」という200円ディスカウントされたチケットを購入する事ができます。

私達は、このトワイライトチケットで入場しました。

デヴィッド・ボウイ展「DAVID BOWIE is」とは

もともとこの展覧会は、2013年にアルバム「ザ・ネクスト・デイ」をリリースしたときに、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館を皮切りに巡回展がスタートしました。

歌手になる前は、広告代理店で働いていたことや、スターになるまでの軌跡、手書きの歌詞、実際に彼が着たコスチューム、パネルや写真、映像、ミュージックビデオなどの彼の所蔵品の中から厳選した300点以上の貴重な品々を展示しています。

体験型の展示もあり、彼の世界観を感じることができます。

面白かったのは、この会場内に入るときに、入場者全員にヘッドセットが渡させるのですが、ヘッドセットを操作しなくても、展示アイテムやビデオの近くに移動すると、その音声が自動で開始されることです。

通常は、自分で番号のボタンを押したりしないといけないと思うのですが、操作の必要がない!なんとハイテク。びっくりしました。

りんかい線で行く方には無料ステッカーGETのチャンス

りんかい線で行く方は、天王洲アイル駅の改札を出る前に、改札横に貼ってあるポスターを撮影して、チケットカウンターで見せると、特別ステッカーをもらうことができます。

ポスターは、改札を出たところにも貼ってありますが、必ず改札を出る前のポスターを撮影しましょう。

IMG_1240.jpg

デヴィッド・ボウイと日本との関り

デヴィッド・ボウイは、1971年のロンドンコレクションで山本寛斎の作品を始めて目にし、自分の世界観を衣装で表現できる、と確信し、依頼したらしいです。

日本の歌舞伎などに影響を受けたコスチュームの展示や、山本寛斎のインタビューもありました。

また、日本でも有名な大島渚監督の1983年の映画「戦場のクリスマス」の撮影秘話という感じで、北野武、坂本龍一のインタビューも放映されていました。

このエリアでは、泣いている人もいましたね。

展示の最後は「3Dショウ・モーメント」

展示の最後は、大迫力の全面スクリーンで覆われ、映像とサウンド、衣装が見れる「コンサート会場疑似体験」のような空間。柱の周りにはシートもあり、日本人だけでなく外国人の入場者もシートに座りながらその会場の空気に浸っていました。

身体を揺らしながら一緒に歌う人もいれば、泣いている人も。

大ファンにはたまらない空間なのではないかと思いました。

ひとつ残念だったのは、スクリーンの合間に衣装が展示されており、曲と映像の照射タイミングによっては衣装があまり見えない感じになっていました。

ドイツ東西統一とデヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイが当時の西ベルリンに住んでいたことは有名です。

彼は、スーパースターになりすぎて、アメリカやイギリスでの生活が窮屈になっていたようです。(ふらっと外を歩いたりできないわけですよね。有名人はツライ)

1970年代後半に当時、デヴィッド・ボウイはツアー等で一緒だったイギー・ポップとともに西ベルリンで暮らしはじめます。このときに「ベルリン三部作」と呼ばれている『ロウ』『ヒーローズ』『ロジャー』という3枚のアルバムを制作します。

デヴィッド・ボウイが亡くなったときにドイツ政府から送られたメッセージは有名ですが、個人的には、当時の西ベルリンで行われた野外コンサートの様子のビデオは、ぐっと来るものがありました。

「グッド・バイ、デヴィッド・ボウイ。あなたは今、#ヒーローズ の中にいます。壁の崩壊に力を貸してくれて、ありがとう。」

ドイツ外務省Twitter公式アカウントより

デヴィッド・ボウイは、ベルリンの壁の手前でコンサートを行ったんですよね。

そしてスピーカーのいくつかは東側へ向けられていたといいます。

そして観衆へのメッセージは、その西側にいるコンサートの観衆へというよりは、その先の東ドイツ側にいる観衆へのメッセージだったと言われています。

なんと、そのコンサートのときの様子がビデオ撮影されており、旧東ベルリン側の当時15歳の少年のインタビューもありました。

デヴィッド・ボウイの終わり無きクリエイティビティに脱帽

私は、デヴィッド・ボウイについては、楽曲も近年の数曲しか知らず、名前を知っているくらいで、大ファンと言うわけではありませんが、彼の広範囲にわたるクリエイティビティ、歌詞の製作に関するアイディアなどにはとても驚きました。

歌手と言うよりはクリエイター、リアルにアーティストだなあと感じました。

一番印象に残ったのは、彼の歌の歌詞もそうなのですが、展示中に良く書かれていた

「自分がなりたい人間になってやりたいことをやればいい」

という言葉です。

これって、すごく簡単なようで難しい。

でも、彼のすべての人間に対するフラットでフェアな精神というか、アーティストとして枠にはまった感がないのが素敵だなあと思いました。

展示を見た後には、会場に隣接されたデヴィッド・ボウイを髣髴させるポップなデザインのカフェで、食事をしたり飲み物を注文することもできるようになっているので、展示とは別にお楽しみがあるかなと思います。

カフェの奥には、ギフトショップもありました。

IMG_1245.JPG

まだ期日がありますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

○デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」
期間 2017年1月8日(日)~4月9日(日)
休館日:毎週月曜日(但し1/9、3/20、3/27、4/3は開館)
開館時間 10:00~20:00
会場 寺田倉庫G1 ビル(天王洲)

住所:東京都品川区東品川二丁目6 番10 号
料金 一般 : 2,400 円(2,200 円)、中高生 : 1,200 円(1,000 円)
( )内は前売り、小学生以下は無料。

●デヴィッド・ボウイ : ソニーミュージック オフィシャルサイトhttps://www.sonymusic.co.jp/artist/DavidBowie/

コメント

タイトルとURLをコピーしました