【アルバニア観光】世界遺産ベラトの魅力!オススメホテル情報も

Europe
©haneusagi.com
スポンサーリンク

こんにちは!はねうさぎ(@haneusagi_com)です。

アルバニア観光で絶対に外せない、世界遺産の街ベラト(Berat)。

アルバニアの首都ティラナ(Tiranë)からミニバスに揺られる事約2時間半、アルバニアが世界に誇る世界遺産の街ベラトへ着きました。

アルバニアは社会主義時代に隣国との交流が事実上途絶えていた事や、渡航制限、民間人に自家用車を持つ事を禁止していた等の理由から、ヨーロッパでは長い間事実上の鎖国をしていた国として知られています。

と言う私も、アルバニアと言う国を知ったのは、ドイツ語学校のクラスメートにアルバニア人の若い女の子がいたのがきっかけ。

「アルバニアってどこ?」「EU加盟国じゃないの?」「公用語は何?」「え?イスラム教?!」「なんでイタリア語話せるの??」などなど疑問がいっぱいでした。

この記事では、以下をご紹介します。

  • アルバニアについて(いつもの簡単なウンチク)
  • 世界遺産ベラトの魅力・見どころ、お勧めの滞在日数
  • 親日の若女将がいるお勧めホテル
  • ベラトでお勧めのレストラン
  • 首都ティラーナからベラトまでの行き方
スポンサーリンク

アルバニアについて旅行前の豆知識まとめ

アルバニア共和国は南東ヨーロッパのバルカン半島にある国で、アドリア海とイオニア海に面しており、内陸部にはアルバニア・アルプスが連なる、海と山の両方が美しい国。

国の面積は小さいですが、城や遺跡が多く残されています。

首都はティラーナ(ティラナ)で、この国最大の首都でもあるティラーナの人口は約50万人(2021年)。

公用語は近隣諸国とは言語グループが全く違うアルバニア語で通貨はレク(LEK)。

※2022年7月現在、円安という事もあり、1レク=1.19円・・・あまりお得感は無いかもですがヨーロッパの他の国より断然お得感があります。

オスマン帝国支配時代が長く、国民の約7割がイスラム教徒で、モスクと教会(アルバニア正教やローマカトリック教会)が隣り合わせに建っている街も多く、イスラム教徒と言っても、女性の服装や飲酒に関してかなりリベラルなイスラムという印象。

ティラーナ中心部にあるスカンデルベグ広場には、アルバニアの古代からポスト共産主義時代までの歴史が詰まった国立歴史博物館、外壁にフレスコ画が描かれたジャーミア エトヘム ベウト(モスク)などが並びます。

物価はおそらく今まで旅したバルカン国の中で最安。

鎖国時代が長かったこともアリ、観光業はこれからのポテンシャルを感じるところ。

アドリア海の対岸はイタリアのため、イタリアからの影響が強く、第一外国語と言えばイタリア語でイタリアへ出稼ぎへ行くアルバニア人も多くいるそうです。

若者は英語が話せ、EU加盟に意欲的な印象でした。(2022年では、EU加盟国ではありません)

北はモンテネグロ、北東はコソボ(コソボを独立国と認めない場合にはセルビア・・・しかしコソボの人口のほとんどはアルバニア人)、東は北マケドニア、南はギリシャと国境を接しているので、様々な文化が交じり合い、独特の雰囲気を醸し出していると言えるでしょう。

【アルバニア観光】世界遺産の街ベラト見どころ:旧市街地とベラト城塞

©haneusagi.com

アルバニアへ旅行したなら、目的にもよりますが、ベラト観光は絶対に外せないと言ってよいでしょう。

ベラトは、ユネスコの世界遺産に登録されています。

これらの都市に最初に砦が築かれたのは紀元前と言われているくらい歴史の長い街。

ベラトの旧市街地は、オレンジ色の屋根に白壁の家屋が同じ方向に向かって立ち並ぶ美しい町並みで、「千の窓の町」とも言われ、オスマン帝国時代に整備されました。

©haneusagi.com

ベラトの典型的な建造物のある地区は、マンガレム地区(Mangalem)、ゴリツァ地区(Gorica:城塞の対岸)カラハ地区(Kalaja)3つに分かれており、それ以外の新市街の部分を入れると4つの地区に分かれていると言ってよいでしょう。

アメリカのホワイトハウスの様な建物があるのに驚き、「あれは何の建物なのか?」と地元の方に尋ねたら「あれは新居住区で、私有地であれば新しい建物の建設や規制は無く自由」との事で、世界遺産に指定されている歴史地区とのギャップに驚きました。

ベラト観光の要!ベラト城塞(ベラティ城跡)に上ろう

ベラトは、オスム川を挟んで各地区があるので、橋を渡りながらその美しい街並みを堪能するのがお勧めですが、観光のメインアトラクションとしては、カラサ地区(城壁内)を散策して、ベラティ城(要塞)に上る事です。

ベラトは、もともと海抜187メートルの岩だらけの丘に要塞の街として建設されれたという経緯があり、ベラト要塞から一望できる街の景色は最高です!

©haneusagi.com

今でもその時代の末裔とでも言うんでしょうか・・・?約200世帯が住んでいるそうで、可愛いカフェやレストラン、手縫いのレース製品、洋服、カーペットなどのお土産屋さんもあるので、色々と見ながら歩いていくとあっという間に展望ポイントに到着します。

時間によって入場料が必要なようですが(300LEK)、私たちが行った時には支払いは不要でした。

©haneusagi.com

城壁内には、いくつか点在する古い教会や、赤のモスク(THE RED MOSQUE)と呼ばれる建物もあり、このモスクはアルバニアで最古のモスクの一つであるとされています。

空に向かって伸びるミナレットを見れば、この城の歴史に思いを馳せることができるでしょう。

要塞から出るときは、がけっぷちに立つ聖ミカエル教会(Kisha e Shën Mehillit)に行ってみたかったので、急斜面を頑張って降りました。

©haneusagi.com

はねうさ夫は「危険だよ!」といって拒否していたのですが、どうしても見たかった私は率先して崖の急斜面を慎重に降りました・・・(笑)皆さんも気を付けてくださいね!

聖ミカエル教会では観光客は私たちしかおらず、教会の守り人?!が何故かイタリア語で色々解説(この国では外国人には皆イタリア語w)、写真撮影もしてくれて、最後に「寄付金をお願いします・・・」と(苦笑)

アルバニアの世界遺産の街「ベラト」のオススメ滞在日数

ベラトはどこかから日帰りや半日でいいや・・・と思う方もいるようですが、最低1泊はするべき街だと思います。

私たちは2泊して、メインの旧市街地だけを見てまわるには、ちょうど良かったです。

あるレストランでお話したドイツ人カップルは、レンタカーを借りてアルバニアだけを1か月かけて観光するのだと言っていました。

ベラト滞在期間は決めていないけど、やはり最低2泊と言っていましたね。ベラトを拠点として、近郊へ沢登りやラフティング、トレッキングへ行く欧米人(特にドイツ人!w)が多いようで、1週間滞在する人もいるんだとか。

旅程や季節にもよりますが、私たちが滞在した時は毎日35度を超える雲一つない晴天続きで、日差しが強い日中の観光は、40代の老体にはキツかったので2泊はちょうど良かったです。

むしろもう1泊してもいいくらいでした。

【アルバニア観光】世界遺産ベラトのお勧めホテル!若女将は超親日家

ベラトは世界遺産の街と言うだけあって、世界中から色々な旅行者がやってきますので、リーズナブルな宿から高級宿まで様々な試行を凝らした素敵なホテルが点在しています。

私たちはご縁があり「マンガレミ・ホテル(Mangalemi hotel)」に宿泊しました。

以下、公式サイトのリンクです。

Hotel Mangalemi – Which is also known by locals as Tom's Hotel, is a distinctive place for everyone to enjoy the tradition of Berat, a city with a 2400-long history.

このホテルは、9年前にはねうさ夫がベラトを旅行した時に、川の対岸に泊まっていたホステルのオーナーから「お勧めのレストラン」と言われ、建物の地下にあったレストランでのおいしい地元料理やそこで出会ったアメリカ人旅行者との思い出がある場所との事。

建物の前に立った時に宿泊できる事を知ったため、ミニバスから降りてから直接このホテルのレセプションに直行し、そのまま宿泊交渉をしたのです。

現在は世代交代して、オーナーは若夫婦が経営しており、レストランの調理は過去30年以上オーナーのお母様が変わらずに担当しているとの事。

はねうさ夫が興奮気味で「あの時の料理がおいしくて忘れられない!」と伝えると、現在は、そのお母様は62歳で、あまり過酷な労働をしてほしくないので、レストランへのサーブは宿泊客に限定しているとの事でした。

また、当時使っていた地下のレストランはとても寒い冬以外は使用していないそうで、現在はルーフトップレストランを開設し、ベラトの素晴らしい眺めと共に洗練された地元の美味しお料理をいただけます。

「離れ(Hotel Mangalemi 2)に新しい設備を備えた部屋を増設したので、見てみませんか?」と勧められ、はねうさ夫が一目で気に入ったバルコニー付きのお部屋に2泊することにしました。(レストランにも行きたいしねw)

なんと朝食込み、ウェルカムドリンク付き、テラス付きで、1泊55ユーロ。

部屋からの景色、バルコニー付き(吊り下げエッグチェアあり)、木製のベッド、デスク、ティーテーブル、クローゼット、最新空調搭載の広いお部屋なのに、あり得ない位お得な価格です。

勿論、高速Wi-fiも完備。

お部屋の雰囲気はレトロクラシックというイメージ。伝統的なその地域の模様や工芸技術を継承したものを選んでいるのだとか。

©haneusagi.com

部屋を案内してもらった時に、私が日本人だと言うと、若女将(現在のオーナーの奥様、20代くらい予測)が、「日本❣私、日本に行った事ないんだけど、とっても日本が好きなんです!どのくらい日本が好きかというと、お寿司などの和食も好きで自分で作って家族にふるまった事もあるし、何と言っても日本人女性は美しくて歳を取らないでしょう?!あのお肌の美しさは羨ましすぎる!絶対いつか日本へ行ってみたいし、絶対行きます!」と興奮気味に話し始めました。

アルバニアでは、20代でも老け顔が気になって、ボトックスとかする人もいるんだとか( ゚Д゚)

はねうさ夫が「じゃあ質問だけど、僕の妻、何歳に見える?」(おいおい)と。

「最高でも30歳かな?」と彼女。

ありがとうございます!!!(笑) でも、私の友人ですっごく若く見える日本人美魔女は何人もいるので、彼女が日本に来たら本当にびっくりすることでしょうね(笑)

さて、ホテルの泊まったお部屋は、角部屋で広く、空調設備も業務用(と思われる)を完備、テラスから見える景色も素晴らしいけど、インテリアも素晴らしくて木の彫刻が施されている天井を見ながらベッドに寝転がり「まるで博物館の中に泊まってるみたい・・・」とウキウキしてしまいました♪

©haneusagi.com

レストランももちろんオススメですし、このホテルのオーナー夫婦だけでなくスタッフさん全員笑顔が絶えなくて、本当に気持ちの良いベラト滞在になりました。

まさかアルバニアのベラトでこんな出会いがあるとは思わなかったで、一期一会のためにいつも持ち歩いている日本の5円玉を、友好と商売繁盛の祈りも込めて彼女にあげました。

喜んでくれて翌日、すぐにブレスレットにしてくれていました。

いつかあのホテルにまた泊まりたいです。

Booking.comでHotel Mangalemiをみる

【アルバニア観光】ベラトでお勧めのレストラン

ベラトでいくつかのレストランへ行きましたのでここにご紹介します。

基本的にアルバニア料理は、オスマン時代の影響やギリシャ料理、イタリア料理等々の影響を受けていて、どのお料理もおいしいです。他のバルカン諸国で見る様な料理は意外と少ないかも。

野菜類は新鮮で、お豆を使った料理などもありますし、癖が無く、日本人の口に合うと思います。

新鮮なので、あまり羊のお肉が得意でない方もぜひベラトでは食べてみてください。凄く柔らかくておいしかったです。

アルバニアのビール、コルチャ(Korça)もおいしいですし、内陸部でイスラム教が多いベラトにはラム肉を使った料理と赤ワインも非常に良く合います。(でもキリスト教徒もいるので、レストランには豚肉料理もありますよ)

ベラトのオススメレストラン:Mangalemi hotel

©haneusagi.com

洗練度、おいしさ、サービス、全てをとっても、宿泊した「マンガレミ・ホテル(Mangalemi hotel)」が一番のオススメレストランです。

ウェイターさん達は、世界各国からの旅行客(ホテルの人曰く、イギリスからのゲストが多いそうです)をもてなしているので、英語は堪能、対応も素晴らしい、とってもフレンドリーでサービスも良かったです。質問にはすべて答えてくれます。

伝統的なお料理ではあるものの、プレゼンテーションも味付けも洗練されていました。

何と言ってもルーフトップで朝食(宿泊客には無料)がいただけるのも嬉しい♪

このレストランでディナーにカンパリを頼んだのですが、カンパリ+氷+スパークリングウォーター(別注文)が素敵なグラスに入って別々に来て「なんだこのオシャレ度は~~~!」と感動してしまいましたw(←田舎者丸出し)

カンパリをロックで飲んだのは初めてでしたが、暑い気候にピッタリの食前酒で本当においしかったです。

ベラトのおススメレストラン:Traditional food and Grill

©haneusagi.com

「マンガレミ・ホテル(Mangalemi hotel)」が一番のオススメレストランですが、その道を挟んではす向かいの角にある「Traditional food and Grill」もとてもリーズナブルで美味しい食事処でした。

昔からの家族経営のレストランで、立地も良く、お母さんの手料理がいただけます。

何と言っても美味しいのにリーズナブル!!費用を節約したい旅行者にオススメです。

ベラトのオススメレストラン:Guva Mangalem

©haneusagi.com

上記写真はピーマンのピラフ詰め。日本人としてはお米料理があるのは嬉しい!

こちらは、ホテルもあるのですが、なんと最上階から町が一望できる素晴らしいテラス席があり、そこで地元のお料理を堪能できます。

©haneusagi.com

このレストランも家族経営。奥様はルーマニア出身なのだとか。お姉ちゃんが堪能な英語で飲み物を運んでくれました。。。スゴイ。

ベラトのオススメレストラン:Homemade Food Lili

©haneusagi.com

このレストランは、トリップアドバイザーでベラトのトップレビューを誇るレストランで、とても評判がいいです。

必ず予約することをお勧めします。

実は私たちは予約せずに行ってありつけなかったので、次回リベンジします!(苦笑)

食事はできませんでしたが、ちらっと見えた通路の様子や、対応してくれたご主人が凄く感じが良かったです。

場所がわかりずらいので、ぐーぐるまっぷさんを頼りに行くことをお勧めします!

【アルバニア旅行】首都ティラーナからベラトまでの行き方

アルバニアの首都ティラーナの中心部から少し離れた場所に長距離移動用のバス乗り場があります。

私たちはホテルからタクシーで移動(とても暑い日だったので)。市バスも走っているようですが、地元民でもバス待ちはきついようで、私たちは2人だし荷物もあるので、タクシー移動を勧められました。

バスターミナルは以下地図をご参考にしてください。

まだ旅行客は少な目なのか(コロナ禍の影響かつ夏休み前で)、大型バスは殆ど無く、ミニバスが並んでいるだけでした。

ベラト行きは1日に何本か出ているようで、ミニバスのフロントガラスに「Berat」と書かれているモノを探しながら「Berat!Berat!と叫んでいると人が寄ってきてくれますw

©haneusagi.com

出発時間は決まっているはずですが、人数が満員に達したら先に出発、または遅く出発という事もあるので、早めに担当者に伝えましょう。

私たちは出発まで20分あると言う事で、恒例のドライバーさんとの記念撮影と、お水をキヨスクで買い、バスに乗り込んで出発を待ちました。

©haneusagi.com

チケットはバスに乗った状態で待っていると、現金を回収に来る担当者がいますので、先にバスに乗って席を確保した方が賢明です。

1人片道500LEKでした。

ティラーナからは約2時間半ほどでベラトに到着します。

ベラトのバス停からは、ベラトの旧市街へ走る別のバスに乗り換えが必要ですので注意してください。

アルバニアはインフラがイマイチで、9年前に夫が旅した時にはもっと時間がかかったようですが、今はおそらくEUの出資で整備された高速道路のおかげで、スムーズな走りなので、バスは非常にぼろかったですがギリギリエアコンも効いていてなんとか我慢できる時間でした。

©haneusagi.com

はねうさ夫が足をのばしたいということで、私たちは後部座席を確保。1つシートがぶっ壊れていて、そこにバックパックを置きました(笑)

2時間以上時間があるので、必ず飲み物を買ってバスに乗り込みましょうね!

>>あわせて読む

アルバニアから北マケドニア観光旅行ルート8日間!費用も公開【2022年7月最新】
こんにちは!はねうさぎ(@haneusagi_com)です。アルバニアと北マケドアへ旅行すること続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました