ベルリンで最高に美味しい中華料理・四川料理屋さん!自宅でコピーも作ってみた

Germany
参照:pixabay

こんにちは!はねうさぎです。

7月に出張で行ったベルリンで、美味しい四川料理を中心とした中華レストランの「Tian Fu 天府酒家」さんへいきました。(写真の点心はこちらのレストランのものではありません)

ベルリンに住む友人に「うちの田舎村には美味しい本格的な中華料理屋さんが無いから、中華食べたいよ~~」と訴えたところ、こちらを紹介してもらいました。

私達夫婦は、結構辛い食べ物が好きなこともアリ、中華の中でも上品な?!広東料理なんかも好きではあるのですが、炎メラメラの四川料理も好きです。

そしてはねうさ夫は、日本の餃子も大好きではありますが、中華の点心(通称ダンプリング(dumplings))が大好き!

中国へも旅したことがあるので、日本の餃子だけでなく、中華料理屋さんで食べる小籠包や焼売も大好物です。

今回、このベルリンの「Tian Fu 天府酒家」をブログで紹介しようと思う、と話をしたら「あのチャイニーズレストランは、今まで食べたドイツ国内の中華料理屋さんで最高においしくて本格的(authentic)だったよ!ドイツで一番だね。」と大絶賛。

今回はベルリンの四川料理レストランをご紹介、ちなみに自宅でコピー料理も作れちゃうヒント付きです(笑)

2020年のトラベラーズチョイスにも選ばれた中華料理店「Tian Fu 天府酒家」

参照:http://tianfu.de/

ベルリンはドイツの首都であり、最もインターナショナルな都市と言ってよいでしょう。

レストランも世界各国の料理が味わえ、逆に美味しいドイツレストランを探す方が難しいほどだったりもします。

この「Tian Fu 天府酒家」は、とても沢山のメニューがあるのですが、オススメは、四川料理と点心です。

友人のオススメは、本格的な四川風麻婆豆腐だそうです^^

メニューはオンラインでダウンロードも可能です。

山椒と唐辛子の辛さだけでなく、うまみもあるのが四川料理の魅力です。

とは言え、辛いものが苦手な方でも、辛くないお料理もあるのでぜひお試しを!

辛さは、唐辛子マークに1番から3番まで番号がついているので、辛さの目安になります。

点心の盛り合わせは、8種類の全部違うダンプリングが2段のせいろに4個づつ入っており、色々なお味を試せるのですごくオススメです。

3人で2人分を注文して、シェアして食べました。

見た目もきれいでおいしく、心ウキウキしちゃいますね!

さて、友人お勧めの麻婆豆腐でしたが、はねうさ夫があまり豆腐に興味がない(やはり肉食・・・)ということで、白身魚の火鍋を注文しました。

お魚は「Dorade Royal(西洋タイ)」と書いてあったと思います。

他にも空心菜のガーリック炒めを注文し、1)点心=>2)空心菜=>3)白身魚の火鍋の順に3人でシェアして食べました。

白いご飯(中国のご飯)は、一緒についてきます。

この白身魚の火鍋が、コンロの上に乗せられてやってきました!

見た目も豪快!唐辛子たっぷり!まっかっかで辛そう~~~おいしそう~~~!です。

これで22.50ユーロですから、3人でこれだけ分けて白米食べて、普通はもうお腹いっぱいです。

「お魚は一旦火を通してあるけど、野菜もあるから全体にグツグツ言うまで少し煮てね」と言われたと思います・・・(私のドイツ語力が・・・汗)

火鍋には、真ん中に魚が丸ごと一匹豪快にどどーんと陣取っていて、スープと一緒に、ネギ、白菜などのお野菜と、豆腐、湯葉、マロニーのような麺などが入っていました!嬉

お鍋がグツグツいってくるととてもいい匂いが・・・喜

お魚から良いダシが出ているのは勿論、お野菜からもダシが出ていて、しびれる辛さのなかにもうま味を感じるこの火鍋。

辛いのと熱いので、汗かきながら食べましたが、ついつい美味しくてスープも飲んでしまいたくなるおいしさ・・・でも辛い・・・てな感じで、食べた後は戦いを終えたような爽やかな気分になります。

サービスが良く無い…などと言うレビューも見かけましたが、このお店は、トリップアドバイザーの「2020 Traveler’s Choice」にも選ばれているので、人気ぶりがうかがえます。

出来合いのシーズニングを買って白身魚の火鍋を家で作ってみた!

@haneusagi.com

友人と街をふらふらしながら、ベルリンの「GO Asia」というアジアンスーパーへ連れて行ってもらいました。

残念ながら、うちの田舎村近所には、この系列のスーパーはないので、大興奮で色々お店の中を見ました。

日本のスーパーの様に奇麗で、販売されているモノもきれいなパッケージでちゃんと陳列されているので買い物しやすいです。

中でも中華料理系の調味料やシーズニング、スパイスも豊富にあり・・・さすが首都ベルリン!本気度が違うぜえ~~~!と感動しながら、色々と品定めしていると、唐辛子の中を泳いでいる魚の写真のパッケージを発見!

パッケージには「沸騰魚」と書いてある・・・。(上写真)

よくわからないけど、見た目が「白身魚の火鍋」によく似ていたのと、2ユーロほどだったので、試しに買ってみることにしました。

ちなみに後でこのメーカーの商品を、うちの地域のアジアショップでも見かけるようになり、同じメーカーの違う商品も購入してみたりしています(まだ食していません)。

このメーカー名は、四川の食品メーカー『白家(BaiJia)』。

めちゃくちゃ「本場」メーカーさんなので、期待できますね!

日本でも東京・新大久保の『陽光アジア物産』という中国人向けのスーパーなどでもいろいろな種類の商品が販売されているようです。

そして、この「沸騰魚」を調べてみると、「水煮魚(シュイヂュウユィ)」、別名「沸騰魚(フェイテンユィ)」とのことで、「ふっとうさかな」と呼んでいた私は間違いでしたー!(笑)

お刺身より大きめにカットしたお魚を湯どおしして、香辛料と一緒に炒めた野菜の上に魚をのせ、大量の唐辛子を乗せて最後に油を大量にかけるという調理法の様ですが、作り方はパッケージに書いてある通りにしてみました。

ドイツの田舎村で「沸騰魚」を作るには?!

今回は、ベルリンのレストラン「Tian Fu 天府酒家」で食べた「白身魚の火鍋」を再現するので、本当は、この「沸騰魚」とは違うお料理かもしれませんが、購入したシーズニングを使用して同じイメージに出来上がるように調理してみます。

まず、Dorade Royal(西洋タイ)を買いましょう。

我が家は2人分なので、少し大きめの600~700グラムのものを購入しました。

ちなみに、Doradeは少し高いので、追加でSeelachs(タラ)を購入。

シーラックス<Seelachs>は、ほとんどの場合フィレで売っていて、ドイツでは割と安い魚の部類に入るので、「どうせ煮込んで辛いし節約したい」と言う方は、Doradeじゃなくてもおいしくできると思います。

とにかくお好きな白身魚をお好きなだけどうぞ!

お魚に関しては以前の記事でも書いていますのでお魚に詳しくない方は以前の記事をご参考にしてみてくださいね。

ドイツでは鯉「Karpfen」も売られている場合もあって、四川でも鯉を使用する事もあるようなので、「Karpfen」でも美味しくできそうです。

次に、野菜を準備します。

きのこ、ズッキーニ、白菜、ニンジン、ネギなどお好みで。

そして忘れてはいけないのが豆腐です。

実は、家で作る時にお豆腐を入れなかったのですが、辛くてちょっと箸休めになるものを食べたい・・・と言う時に豆腐がどれだけ救世主になってくれることか!

ですので、少しだけ豆腐やマロニーちゃん(ライスヌードルなど)を入れることを強くお勧めします。

自宅で「沸騰魚」を作ってみたらこうなった

まずは、シーズニングパックを開封!

中には、ペースト状になった辛そうな調味料、粉末のうま味調味料、乾燥トウガラシの束!が3つ個別包装になって入っていました。

この乾燥トウガラシまでセットでついてくるとは、かなり本格的で期待できます!!

ちょっと気になるのが、この白いサラサラしている粉末うま味調味料・・・化学調味料なんだろうか?!

気をとりなおして、パッケージ通りに、魚に粉末うま味調味料をまぶして馴染ませておき、鍋(私は大きなフライパンでやってしまった・・・)、中華スープ(又は水)を入れた鍋にペースト調味料を入れ、その後魚を入れて、野菜と一緒に煮込むだけ!

魚に火が通ったら、添付の乾燥トウガラシを上からかけ、熱しておいた油を上から回しかけて出来上がり!

自宅のキッチンが、かなり、辛くていい匂いに包まれます!

衝撃の写真は以下こちら!

@haneusagi.com

ベルリンの他の中華レストランもろもろ

ベルリンには、「中華」と一言で言っても、台湾、広東、四川、「ドイツチャイニーズ」など色々あります。

2020年のトリップアドバイザーで、ベルリン中華レストランのNO,1は「Goji]というお店で、こちらも点心が美味しいようですが、いわゆる「ドイツチャイニーズ」の典型、チャーハン・シュニッツエル乗せ甘辛ソイソースかけ・・・のような写真も見受けられるので、どこまで本格的かは行ったことが無いので何とも言えませんが、こちらも2020 Traveler’s Choiceを受賞しています。

●Goji Berlin

 

Restaurant GOJI

Motzstr. 58
10777 Berlin
Tel: 030 586 007 66

営業時間
火曜~日曜 12:00 – 22:00 ※月曜日・祝日定休日

 
先ほどご紹介したとても本格的な中華を味わえるTian Fuは、実は関連したお店がベルリンに2店舗あります。こちらに各住所を貼っておきます。
 
●Tianfu Berlin

 

Tianfu Berlin

Uhlandstr. 142
10719 Berlin
Tel: 030 861 3015

営業時間
月曜日~金曜日
12.00 – 15.30
17.30 – 23.00

土曜・日曜・祝日
12.00 – 23.00
月曜休業日

●Tianfuzius Berlin(こちらは系列の少し洒落た中華ベジタリアンレストラン)

 

Tianfuzius Berlin

Regensburger Str. 1
10777 Berlin
Tel: 030 9153 9833

営業時間
月曜日~金曜日
12.00 – 15.30
17.30 – 23.00

土曜・日曜・祝日
12.00 – 23.00
月曜休業日

 
番外編?!として、こちらのアジアンレストラン「Royal Garden」は、本格的というよりかは、アジアの色々な食べ物をビュッフェ形式で食べれるところが人気です。
 
ランチビュッフェは、9.90ユーロで、サラダ、揚げ物、炒め物、お寿司、デザートなど揃っています。

 

●Royal Garden
https://www.royal-china.de/englisch/home/

Osdorferstrasse 26、12207 Berlin-Steglitz
Tel:030 81852332

営業時間
毎日12:00~23:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました