夫の態度に変化?!結婚後の苗字変更

私達カップル

こんにちは!はねうさぎです。

夫婦別姓を選ぶつもりだったのですが、将来的なことを考えて、結局苗字を変更した話をしました。(くわしくは「国際結婚、名前は変えた?変えてない?私は結局変えちゃいました」をどうぞ)

ちょっと面白かったので、夫の反応をまとめてみました。

愛があれば名前なんて関係ない

はねうさ夫は以前「名前は重要じゃない。重要なのはお互いに愛し合っているかどうかだ。だから名前のことで君がそんなに悩んでいる理由が良くわからない。」といっていました。

まあ、はなっから自分は名前を変えるつもりないようで、まったく人ゴト。

「男性が女性側の姓に変えるって事も考えたって良いのにー・・・」と、思いつつも、実は日本国籍じゃない人が日本名っていうのは持つことができないのだと後で知りました。

なぜなら外国人は日本に戸籍を持つことが出来ず、本来の外国の氏名とは別に、日本において正式な姓と名を持つことができないからのようです。

つまり、外国人は日本国籍を取得しない限り、正式に日本の苗字を持つことが出来ません。

ただ、ダブルネームは、2人の名前が長すぎるし、彼は「響きがアホっぽい」という理由で始めからNG。

まあ、私も、長いサインはめんどくさいし、ダブルネームは始めから考えてなかったので良いのですが。

君が好きなほうを選べば良いよ

はねうさ夫に何度質問しても、「君の名前のことだから自分で決めたら?」とあまり興味なさげな反応。

ひどいわー、私の名前ですが、2人のことなのにー。

「でも以前、ご両親が私は名前を変えるの?と質問してきたっていってたジャン?やっぱり家族からしてみたら私に名前そろえて欲しいのかな?」と聞いてみると、

「いや、彼らは結婚ゴシップ的に色々知りたがって質問してきただけだから」とのこと。

「日本の名前を保持してたらどう思う?私の友達は旦那さんの強い希望で名前を変更したらしいよ」と、オーストラリア人と結婚した友達の例をあげて、はねうさ夫的に実は私に名前を変えて欲しいけど、私に強く言えないから~っていう理由でそう言っているなら、言いやすくしてあげようと友人の事例を出してみたのですが、そうでもなさそう。

「いや、ホントにどっちでもいい。君が日本名がいいっていうなら、それを選んだことでがっかりしたりしないよ」と優しいお言葉。

「それに、戸籍役場の担当の女の人も日本名キープしたら?って言ってたよ」とのこと。

「彼女は何でそう思うの?」と質問すると、

「パスポートやら銀行口座やらクレジットカード、保険、年金まで全部手続きしないといけないらしい、と言ったら、それは面倒だから変えないほうが良いんじゃない?って感じだった。」とのこと。

そうです、そうです。おっしゃるとおり!

んーーー。

でもなんとなく、選択肢がある中で、「どっちでもい」って言うのはますます悩んでしまうものですよね。

選べるって、ある意味責任重いね。

そこにあるおいしそうなシュークリームを前に「まずいからやめときなよ。でもあなた次第、どっちでもいいよ」と言われて、怖い物みたさで食べたいなあという気持ちに少し似ているような・・・。(ん?違う?)

ちなみに、はねうさ夫は、私がEU citizenを取得するのには反対しています。(今のところ自分自身も日本国籍を放棄するつもりは無いのですが、なんだかそんな会話になったので)

これまた理由を聞いてみると、ある日本人とフランス人カップルの話を読んだらしく、その内容が、彼女がEU citizenを取得した後に旦那と他界、その後彼女が日本に帰りたかったが、国籍を変更したことで何か日本に帰れない不都合が生じてしまい、彼女がとても悲しい生活を送ることになった、というストーリーらしい。

確かに、結婚って、今はまだ体力もあるし新婚で楽しいけど、場合によっては私のほうが長生きする可能性もあるわけで・・・。

その時に自分がドイツに残りたいのか、他のEU加盟国に移り住みたいのか、日本に戻ってきたいのか、その時の状況や自分の気持ちはわからないからなんとも言えないけど、そこまで考えているんだと思い驚きました。

さすがドイツ人(?!)その辺はしっかり者な、はねうさ夫のようです。

結局私は姓をドイツ姓に変更。夫の反応はというと・・・

なぜかめちゃくちゃ喜んでた・・・・・・。

なんだよーー。

「クールな名前でしょ!」と自慢げ。

オイオイ。今まで言ってたのはなんだったんだ~?!

「私の日本名のほうがクールだよ」と言うと、無視。

まあ、何気に一体感が出て、(もう戻せないって言うのもあるけど)自分としては100%満足!

ただ、パスポートの書き換えに行ったときに、結局氏名変更ではなく、新規で10年のパスポートを作ったのですが、その時にドイツ名の後に旧姓をカッコ書きで表記してもらおうと思っていたのに、アデノウイルスにやられてかなりボ~~~~っとしていたため、お願いするのを忘れてしまった!!!!

ショーーーック。

まあ、死ぬわけじゃないし、いいか・・・(開き直り)

しかし、パスポートセンターで、ボーっとしていたのと、この新しい姓になれてないダブルの理由で、何度も名前を呼ばれました。

そして、そのたびにまわりの人にじろじろ見られた・・・・。

そっかあ~、やっぱりカタカナ名ってこういう眼差しを受けるのねー。

そう、そしてこのとんでもない長いドイツ名(パスポートの氏名記入欄に入らない)に変更したからには、きっと同姓同名なんて日本に居無さそうだし、もう悪いことできないな~、と気持ちを新たにいたしました!(といって別に悪行働いてきたわけではありませんが)

コメント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
タイトルとURLをコピーしました