日本一時帰国で美肌光治療を体験!シミ・そばかすが気になる方必見

Japan

こんにちは!はねうさぎです(@haneusagi_com)です。

ドイツはドイツの良さがありますが、日本にも日本の良さがあります。

その一つに「女子力向上1000%応援・支援国!」であるというコト(笑)

ドイツってやはり何というか・・・男性っぽい感じが否めない。

もちろん、ドイツでも美容目的のお肌の施術はありますが、日本より割高な印象なのと、基本的に白人向けの施術パターンが多いのではないかという疑問と、私には言語的なバリアーもあります。

また、ドイツ人の友人からは「ドイツ人はあまりシミを気にしない。社会的にもシミは悪!という文化が無いし、そのままでいいんじゃない?」と言われましたが、私は納得いきません。

ですので、日本の一時帰国でやりたいことのリストには常に、

・マッサージ

・エステ

・美容院

・歯医者

が、ランクインしています!

今回、歯医者への訪問は2年ぶり・・・orz・・・でしたので、クリーニングと歯槽膿漏チェックで終了してしまい、ホワイトニングはまたの機会に!となりました。

未だに頑固一徹、ドイツの歯医者へは行ったことがありません(苦笑)←行ってみなよ、ドイツの歯医者・・・

マッサージは、コロナ禍ということで少しためらいもあり、首と背中の状態を見てもらうため、約10年前から通っていたカイロプラティックの先生に診てもらって終わりとなりました。

やはり信頼のおける人から施術してもらうのが安心できます。

さて、エステですが、前回の一時帰国で行った表参道のフェイシャルも良かったのですが、今回は14日間の自宅待機の影響もアリ、予定が色々と駆け足だったので、どうしようかな~と考えていました。

そんな時、友人からメッセージが。

「はねうさぎちゃん!シミと顔の赤みが気になるって言ってたよね?うちにこんなチラシが入ってたんだけど、問い合わせしてみたら?」

と、「顔のシミ、肝斑治療コース 初回一回30か所 7980円」のチラシの激写を送ってきました(笑)

実は、エステはそれはそれでいいのですが、やはりシミを取りたい・・となると、施術するのが一番早いし適格なので(以前、首にあった沢山のいぼをレーザー手術できれいにしてもらった経験有)、「これは!」と思って、体験してみることにしました。

>>あわせて読む

シミ・そばかす・くすみ治療は専門の皮膚科で見てもらおう

以前、首に茶色い小さなイボが沢山でき(体質もあるようですが、高齢になると出てくるものだそうです)、その名も「アンチエイジング科」を設置する皮膚科で見ていただき、首全体と体の一部のいぼをレーザー治療する「手術」を受けたことがあります。

この時は保険適用だったのですが、審美目的のシミ取りとなると、なんと1つ5000円!

これはなかなか手が出ない・・・コロナ収束したら韓国へ行って全顔シミ取りするか・・・等と考えていました(苦笑)

今回、友人から「これ試してみたらいいんじゃん?」と言われて予約したのは、池袋の「ヌービス スキンクリニック」さんです。

こちらのクリニックは、シミ治療以外も、ニキビ跡治療や顔脱毛なんかもやっています。

「8000円でシミ30か所まで取れるんだったら、行ってみる価値はあるな」と思って行ってきました。

皮膚科のドクターがいるので、安心できます。

実際にシミ取りしてみた感想と「ビフォー・アフター」

ネットでちまちま予約するのは面倒くさいし、日本の住所はグレー(日本での身分証明は全て両親の住所に切り替えています)なので、予約するのに少しためらいはありましたが、日本人ですもの!?

大丈夫です。

チラシに記載されていた電話番号に電話し、シミ・肝斑のお試し治療をしたいので予約を取りたい旨を伝えました。

ちなみに、一応パスポートと免許証を持って行きましたが、こちらのクリニックでは個人情報の確認はありませんでした。

流れ1:カウンセリング

まずは、問診票に記入し、過去直近で、顔の美容手術や注射を受けていないかの確認がありました。

(へ~!コロナで美容整形が増えてるって聞いたけど、結構な人数がいるのかしら?!)

なんてビクビクしなから、問診票の後にカウンセリングを受けました。

まずは、この「シミ・肝斑治療」で使用するマシンと光の説明がありました。

こちらのクリニックでは「ライムライト」という光の種類のマシンを使用しているとのこと。

ライムライトとは、そばかす、くすみなど幅広いトラブルに対処するスキンケア治療です。ライムライトは日本人向けに日本人医師によって開発され、日本人に多い「日光性色素斑(いわゆるシミ)」や「そばかす」などの治療に効果が期待できます。レーザーほどエネルギーが強くないため、痛みが少なくダウンタイムがほとんど無い状態でマイルドに肌を改善します。

とのこと。

へ~!初めて聞きました。

レーザー治療の施術方法しか知らなかったので、どんなものだろう?と少し考えてしまいましたが、ここまで来ているし、シミも無くしたいので、ドクターの診察を受けてから施術をお願いしる事にしました。

流れ2:最新のコンピューターソフトを使用して肌年齢診断

「では、早速肌年齢診断を行いましょう。こちらは施術とは別に皆様にプレゼントしている肌診断になります。面白いですよ」と案内され、自分のお肌の状態をチェックしていただきました。

年齢に対して、また個人別にお肌の水分量やシミが隠れている場所、シワの場所や深さ・・・等々、現実を見たくない気持ちで一杯でしたが、説明をしていただきました。

クリニックのHPには

ヌービススキンクリニックではあなたのシミ、シワ、肌のきめ、毛穴、紫外線シミ、茶色のシミ、赤みなどのお肌に関する状態を先進のVISIA肌診断機で肌年齢診断で自動に解析することができます。ヌービス スキンクリニックのオープンを記念して、「全顔のシミ・肝斑治療コース」にさらに、肌診断機によってあなたの現在のシミ、シワ、毛穴、色むらなど肌の状態を総合分析をプレゼント。

このように書かれています。

今40代の自分が、60代、70代、80代になった時の自分の老け顔がコンピューターでシュミレーションされ、見ることができます。

ぶっちゃけ、見たくない診断のプレゼントでした・・・苦笑

とは言え、たまには客観的に自分のお肌を観察できるというのは良い事ですね。

流れ3:皮膚科医による診断

基本的には問診票通りの質問や、直近で整形手術や注射などの顔施術を行っていないか、その場合はいつ行ったかなどの質問があり、自分が気になっているシミの場所やお肌のお悩みを簡単に問診してあっさり終了でした。

勝手な印象ですが、大学上がりの若い男性の先生っていうイメージでしたw

流れ4:担当者により顔にライムライトを照射

ドクターに診てもらった後に、個室になっている施術室へ移動し、ベッドに横になります。

お部屋は、一般的なエステの個室のような感じで、シンプルでした。

今回は、顔のシミを施術するので、特に着替えなどの必要はなく、ベッドに横になりひざ掛けをかけていただいて施術がスタートです。

ベッドにあおむけで横になると、すかさず「施術している間にオプションメニューの点滴はいかがですか?」と営業が始まりました(笑)

まつ毛パーマに行った時の「オプションで目の下のパックはいかがですか?」に近い・・・爆笑

点滴はビタミン点滴やにんにく点滴など、健康UPプラス美肌を促進するようなメニューが4~5種類ありました。

「健康だし疲れてないし点滴はちょっと怖いから、今回はやめておきます」とお断りしました。

点滴好きな方はぜひ!(笑)

さて、担当の方が私の肌を確認し「この辺、たぶんカサブタになってはがれてくると思いますよ。奇麗になると思います!」と言ってくれたので「自信ありますか?」と質問したら「自信あります。はがれてくると思います」との事。

期待が膨らみます!

流れ5:いよいよ施術!~施術後まで

看護師?(担当者)さんが、目の上にカバーを乗せ、テスト照射をして、その後施術してくれました。

施術時間は10分ほどだったと思います。あっという間に終わりました。

体験コースなので、という事で、顔全体ではなくシミが気になっていた頬っぺた部分だけを施術してくれました(最大30か所ってヤツね・・・)。

施術中に、担当者がひたすらライムライトの説明と何度か施術を受けるとより良いというセールストーク?!と繰り返しお話されていましたが、施術されていて話すことも面倒くさかったので、私は無反応でした(苦笑)

施術が終了し、担当者から「いい感じで反応しているので、カサブタのようになってはがれる可能性が高いですよ。今日はお酒はNG、お風呂は軽いシャワーのみにしてください」と言われました。

レーザーよりは反応が弱いと聞いていたけど、皮膚の薄い目の下のあたりは、結構光を照射してもらったとき痛かったです。

施術後はクールダウンの時間もほとんどなく、ヒリヒリしていたので、炎症を抑える薬を塗っていただいて、終了しました。

残念ですが、電車の中ではその上からマスクをしないといけなかったので、駅まではマスク無しで行きました。

施術の後、現金でお支払いをし、やはり数回受けると良いという説明を受けました・・・まあ、リピーター獲得は重要ですからね。

そりゃ~日本に住んでいたら、3回くらいは受けてみたいけど(私のケースでは5回くらい光を照射すると良いのではないかと言われました)、正規価格は顔全体で15000円ですので、独身で働いていた頃なら数か月に1回は受けれるよなあ・・・(遠い目)と思いながら「考えます」と言ってクリニックを後にしました。

ズバリ!ライムライト治療してみて良かった!ビフォー・アフターを公開

©haneusagi.com

クールダウンをしっかりやってもらえなかったので、翌日~2日後くらいまでは頬の一部がピリピリする感じはしましたが、マスクで擦れることもあってか割と早くカサブタが取れました。

どうですか!この写真!!

アングルが若干ずれてしまったのですが、写真を見てもわかる通り、1週間ほどでカサブタのほとんどが取れ、2週間ほどでお肌にハリや明るさが出てきたように感じました。

「ドイツへ帰る前にもう一度照射したい!!」と思いましたが、治療の間隔は最低でも3週間~4週間くらいが適度なのだと説明を受けていたので、2度目の施術は日程上無理があるため、断念しました。

日本はお水も良いので、洗顔した後にお肌がガサガサになることも無く、ドイツ生活よりはお肌にざらつきがなく、つるっとした感じになったと思います。

また来年も受けたいなあ~~!

>>あわせて読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました