ワイズ(Wise)のマルチカレンシー口座が便利すぎる!海外在住・海外引っ越し・海外ビジネス・非居住で行き来の方必見

ドイツ生活
参照:Wise
スポンサーリンク

こんにちは!はねうさぎ(@haneusagi_com)です。

以前、トランスファーワイズ(Transferwise)を使った海外送金についての記事を書きましたが、今回はそのトランスファーワイズが名前を改め「ワイズ(Wise)」となり、今まで日本ではサービスがなかった「マルチカレンシー口座」という超便利な機能をリリースし、私も使用していますので解説します。

【割引あり】$500分の送金手数料が無料 お得な海外送金 Wiseワイズ>
>>あわせて読む
スポンサーリンク

事業拡大したWise(旧トランスファーワイズ)について

2011年に個人向けの送金サービスとしてスタートしたトランスファーワイズ社は、国境を越えた決済ネットワークを構築して拡大し、1000万人の個人ならびに法人顧客に対して、より安く、より速く、より快適に国際的な銀行業務を提供しているロンドンに本社を置くフィンテック企業です。

今年で10年ということでWiseに社名変更しました。

旧トランスファーワイズの時は「海外送金の便利なフィンテックブランド」という印象だったのに対し、Wise(ワイズ)に変更されてからは、海外送金以外の分野にも事業を拡大したことにより、社名・ブランディング変更に至ったのかな?と感じました。

実際、新ワイズ(Wise)の製品ラインナップは以下の3本柱となっています。

また、今年ロンドン証券取引所に直接上場する報道がされ、私のところにも投資の案内が来ていました。

Wise(ワイズ):世界で最も国際的なアカウントを達成しています。国際的な送金や支払いを行い、55種類の通貨でお金を保持し、10種類の通貨で本当の口座番号を取得できます。顧客は現在、30億ポンド(約4440億円)以上をWiseに保持し、140万枚のデビットカードが発行されています。
Wise Business(ワイズ・ビジネス):グローバルに展開するためのビジネスアカウントであり、個人アカウントのすべての機能に加えて、銀行フィード、大金の支払い、マルチユーザーアクセスなどの追加機能を備えています。過去12カ月間に15万社以上の企業がWiseに参加しています。
Wise Platform(ワイズ・プラットフォーム):Monzo(モンゾ)、GoCardless(ゴーカードレス)、Xeroといったプラットフォーム銀行や企業が、Wiseのインフラストラクチャを利用して、彼らの顧客に対してより安く、より迅速な支払いや国際的な銀行機能を顧客に提供しています。Wise Platformは、4大陸10カ国の銀行と提携しています。

今年2021年の2月に「TransferWise(トランスファーワイズ)は、Wise(ワイズ)になりました!」というプレスリリースが届いていたのですが、かなかな忙しくて追えていませんでした。

今回ご紹介するマルチカレンシー口座と紐づくデビットカードの案内も来ていたのですが、まだ発行手続きまで至っていません(カードを発行して使い勝手が良ければ、またブログでご紹介します)。

Wise(旧トランスファーワイズ)のマルチカレンシー口座とは?

Wiseのマルチカレンシー口座とは、ボーダレス口座とも言われ、自分のWiseアカウント内に50以上の通貨の「ウォレット」と呼ばれるいわゆる「お財布」を持つことができ、現地通貨の銀行に送金したり、口座に紐づく「デビットカード」で買い物ができたりする口座の事です。

日本円への両替や、100万円までの日本の銀行口座への出金もできます。

勿論、ウォレット内で米ドルをユーロに変える(移す)なんてこともできちゃうのです。

「使う・送金する・受け取る」

このアクションが複数の通貨で、それもスマホ一つでできるWiseって画期的じゃないですか?!

口座開設は無料ででき、為替手数料は「海外送金」と同料金なので、低い手数料で使えるのが嬉しいです。

対応通貨は以下をご参照ください。(2021年時点)

英ポンド/オーストラリア・ドル/アラブ首長国連邦ディルハム/アルゼンチン・ペソ/バングラデシュ・タカ/ブルガリア・レフ/ボツワナ・プラ/スイス・フラン/チリ・ペソ/中国人民元/コスタリカ・コロン/チェコ・コルナ/デンマーク・クローネ/エジプト・ポンド/ジョージア(グルジア)・ラリ/ガーナ・セディ/香港ドル/クロアチア・クーナ/ユーロ/カナダ・ドル/ハンガリー・フォリント/インドネシア・ルピア/イスラエル・シェケル/インド・ルピー/日本円/ケニア・シリング/韓国ウォン/スリランカ・ルピー/モロッコ・ディルハム/メキシコ・ペソ/マレーシア・リンギット/ナイジェリア・ナイラ/ノルウェー・クローネ/ネパール・ルピー/ペルー・ソル/フィリピン・ペソ/ニュージーランド・ドル/米ドル/ポーランド・ズウォティ/パキスタン・ルピー/ルーマニア・レイ/ロシア・ルーブル/スウェーデン・クローナ/シンガポール・ドル/タイ・バーツ/トルコ・リラ/タンザニア・シリング/ウクライナ・グリブナ/ウガンダ・シリング/ウルグアイ・ペソ/ベトナム・ドン/西アフリカ・CFAフラン/南アフリカ・ランド/ザンビア・クワチャ

マルチカレンシー口座のもっとすごいところは、

  • 英ポンド(GBP)
  • ユーロ(EUR)
  • オーストラリア・ドル(AUD)
  • ニュージーランド・ドル(NZD)
  • 米ドル(USD)
  • ハンガリー・フォリント(HUF)
  • ルーマニア・レイ(RON)
  • シンガポール・ドル(SGD)

の、上記6つの通貨に関しては、現地へ行かずとも専用の口座番号、銀行口座情報をなんと無料で作ることができるのです。

参照:Wise

例えば、私はフリーランスで仕事をしているのですが、報酬のほとんどを米ドル(USD)で受け取っています。(詳細は「海外在住フリーランスの私が世界中から仕事を受注しているサイトをご紹介」を読んでみてください)

報酬が支払われる手数料や送金手数料を少しでも安くするために、「アメリカの銀行口座が欲しいなあ」と思っていました。

そんな時にこのマルチカレンシー口座の存在を知り、早速マルチカレンシー口座で米ドルのアメリカ口座を作り、そこへ出金設定しています。

わざわざアメリカへ行って銀行口座の開設をしなくてもWiseで口座番号が作れ、アメリカの口座に入金が可能なのです。

Wiseのマルチカレンシー口座・・・凄すぎる!

【Wiseのマルチカレンシー口座】どのような人が開設すべき?

1. フリーランサーへWiseのマルチカレンシー口座がオススメ

先ほども書きましたが、私の様に海外在住のフリーランサーや、ノマドのフリーランサーの方、UpWorkやFreelancer.comのようなフリーランス向けのプラットフォームを使用して収入がある方は、Wiseに出金設定できるのでお勧めです。

米ドルだけに限らず、クライアントが希望する通貨でビジネスをすることができますので、現地通貨でお金を受け取り、その後アカウント内で両替することも可能ですね!

2. 海外在住者/海外で働く方/ワーキングホリデーや留学ーの方/海外に家族がいる方はWiseのマルチカレンシー口座がオススメ

海外駐在や留学などで一時的に海外に住んでいる方や、海外に家族がいる方にもマルチカレンシー口座がオススメです。

例えば、Wiseの通常アカウントの送金であっても「娘がカナダに留学していて、日本円からカナダドルで送金したい場合」は以下のサイトが参考になります。

現地に銀行口座が無くても、自分のWiseマルチカレンシー口座内で両替することもできますし、現地から日本の銀行口座へサクっと送金することもできます。

もちろん、海外旅行が大好きな方や、バックパッカーの方にも良いですね!

3. 海外でビジネス展開する方/海外とやり取りがあるオンラインビジネスをしている方はWiseのマルチカレンシー口座がオススメ

Wiseのマルチカレンシー口座では、法人用のアカウントも開設することができるので、海外でビジネスを起こす方や展開する方にも重宝します。

また、決済ツールにPayPalや、アマゾンの Marketplaceなどを利用している場合、収益をWiseのマルチアカレンシー口座に移せば、引き出し時にかかる手数料を削減することができます。

4. 海外(特に米国)への投資にはWiseのマルチカレンシー口座がオススメ

米国株に投資している方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

「投資家と言えるほど投資してないし」と思ったとしても、例えば、オンライン証券のインタラクティブブローカーズ(Interactive Brokers)では、Wiseを使って米ドルの送金をすることができるので、わざわざ米国の銀行口座を開設しなくても投資ができるようになります。

Wise(ワイズ)マルチカレンシー口座の開設の仕方

Wise(ワイズ)のマルチカレンシー口座は簡単に使うことができます。

当然ですが、まだWiseのアカウントをお持ちでない方は、Wiseアカウントの作成から行いましょう。

  1. Wiseアカウントを登録し 、本人確認が完了すると、すぐに銀行口座情報が付与されます。
  2. アカウントにログインをし、ホーム画面から「通貨を有効にする」をクリックします。
  3. 「残高を有効にする」から希望の通貨を選びます。
  4. 日本円や居住区の現地通貨から選んだ通貨へチャージします。
  • 銀行口座情報は、AUD、NZD、GBP、USD、EUR、SGDの通貨でのみ利用できます。

詳細は、Wiseの公式ページをご参照ください。

ますますグローバル化が進む近年、海外在住、海外旅行大好きで、将来は日本でもドイツでもない場所で隠居生活を夢見ている私のような人間には、Wiseのマルチカレンシー口座のサービスは活用しない手はないですね!

こちらのキャンペーンリンクらアカウント登録すると€500の送金手数料が無料となりますのでお使いください。

まだWiseのアカウントをお持ちでない方は、ぜひアカウント登録してみてくださいね^^

>>あわせて読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました