安い早い簡単!海外送金にはトランスファーワイズを使いこなそう!

ドイツ生活
transferwise
スポンサーリンク

こんにちは!はねうさぎです。

皆さん、日本から海外への送金、またはドイツ(他海外)から日本への送金はどのようにしていますか?

実は「N26」の銀行口座を作った時に、すぐにこの記事を書くつもりでいたのですが、なんだかすっかり忘れていました(苦笑)

実は昨日、日本の銀行口座をオンラインで確認してみると、なんと預金金額がたったの5円!!(おいおい!)

焦ってすぐに「トランスファーワイズ」で送金し、本日見事に日本の口座に送金が完了しました。

「え?!たったのいち営業日で到着しちゃうの?」と思う方、すぐにトランスファーワイズを使いましょう!

まずは、N26ネットバンキングに関しては、以前の「N26バンクの記事」を参考にしてくださいね

N26口座は、ドイツ在住、欧州在住、海外旅行大好きなら絶対に持っていたほうが良い銀行口座です。(英国での事業は、EU離脱による不確実性のため、2020年4月から停止されています。

>>あわせて読む

スポンサーリンク

知らないと損!トランスファーワイズ(TransferWise)のメリット

トランスファーワイズ(TransferWise)は、海外送金・国際送金をより安く、公正で、よりシンプルにすることをミッションとして、2011年に設立されました。

本社はロンドンにあるのですが、創設者の2人はエストニア出身。

1人はSkypeの創業当時のメンバーで、2人の実体験に基づいて海外送金サービスが開発されました。

トランスファーワイズのメリットは、銀行などの海外送金システムよりも圧倒的に早く、安く、簡単に送金することが可能なことです。

メリット1: 他送金システムに比べたときの手数料の安さ!

毎月海外送金が必要な場合には手数料や為替手数料、他コストが気になるところですが、「隠れコスト」までも省略しています。アカウントの開設、アカウントの維持費ももちろん無料!

※ホームページによると銀行の8倍安い手数料との事。

例えば、三菱UFJ銀行で5万円をユーロ換算してドイツへ送金した場合、1回あたり6000円以上の手数料がかかりますが、トランスファーワイズなら約400円。楽天銀行、ペイパルでも2000円以上の手数料です(銀行手数料+為替手数料)

メリット2: 銀行へ行く必要が無く、スマホやPCを使ってインターネットで送金完了!

しかも送金先への想定到着日時も表示されるので、送金にかかる日数も明確。

メリット3: マルチカレンシー口座を開設することができる。

これは何かといいますと、ボーダレスで複数通貨の口座を持つ事ができるのです。

例えば、ドイツでフリーランスで仕事をしているけど、取引先が日本だったりアメリカだったりした場合、日本の仕事は日本円、アメリカの仕事は米ドルでトランスファーワイズの口座へ振り込みしてもらえば、多額の手数料がかからない、という優れものなのです。

多国間で資金を受け取ったり、トランスファーワイズ・デビッドカードで現地通貨決済を行う事が可能なのです!スゴイ!

そして、とにかく、手数料が圧倒的に安いです。

日本法人も設立されましたので、日本語でサービスを受けることもできますし、日本から留学費用をドイツへ送金したい・・・なんて時にとても役立ちます。

ドイツ(ユーロ)だけでなく、アメリカ、カナダ、オーストラリア、中国、タイ、シンガポール、エジプトなどなど、送金可能な国や通貨はたくさんあります!(ホームページで確認しましょう)

私は、自分の日本の銀行口座から個人年金や日本のクレジットカードの引き落としなどの手続きをしているので、まとめて入金しておき、今回のように(本当は今年の夏に日本へ一時帰国予定でしたがコロナで断念したため)、「あれ?!残高もう5円!」なんてマンガのような出来事が起こっても、すぐに送金できるのが良いです。

※入金方法によって送金にかかる日数が短くなったり、安くなったりします。

以前はねうさ夫が、彼のドイツの銀行口座から私の日本の銀行口座へ国際送金してもらった時の面倒くささとかかる時間と手数料の高さったら・・・もう!

銀行から仕事中に電話がかかってきて「海外からの送金がありますが本人確認させてください」などという使用目的やらなにやら聞かれることも無く、サクっと手続きしてサクっと送金、サクっと受け取れるのが本当にらくちんです!

私はペイパルのアカウントも持っているのですが、すでにペイパルの手数料の高さにガクブルな私は、トランスファーワイズ一択です^^

ネットバンク取引の不安:トランスファーワイズって安全なの?

手数料も安くて、素早く送金できて、便利なのは分かったけど、安全性が気になる・・・という方もいらっしゃることでしょう。

トランスファーワイズのホームページによりますと以下です。

トランスファーワイズ・ジャパン株式会社は関東財務局により、資金移動業者として認可されています。送金時に振り込んだお金は履行保証金として法務局に保全されており、万が一の場合でも保証されています。

TransferWiseは世界中で800万人の利用者がおり、毎月の送金額は約6000億円に上ります。(2020年7月現在)

「資金移動業者として認可されています」と言うのは、YahooやLINE pay・楽天と同じ資格を持つ会社として関東財務局に認められているという事です。

私は頻度は多くありませんが、過去に何度かトランスファーワイズでドイツから日本へ送金していますのが、セキュリティ面で心配になったりトラブルがあったりといった事は一度もありません。

トランスファーワイズの使い方:ステップ・バイ・ステップ

私は、「N26」銀行口座を持っています。

N26とトランスファーワイズは提携していますので、自分のN26口座(ドイツ)から、日本の自分名義の銀行口座へトランスファーワイズを使って送金するのはとても簡単です!

私は、パソコンでトランスファーワイズの送金手続きを行い、スマホでN26口座から送金しています。

1) トランスファーワイズのホームページで自分の情報を入力し、送金金額を入力する(その日のレートで、ユーロ=>円の金額が表示されます)

2)送金金額を入力し、送金先を選択します(私の場合は日本の自分のアカウントなのでそれ以上の手間は無し)

3)送金先、自分のドイツの銀行口座からの振り込みである事、手数料が最も安いベーシック送金であることを選択し、送金手続きを完了させる

4)すると、「ドイツの口座から振り込み手続きをしてください」と表示されるので・・・

5)N26のドイツ口座から、ドイツ側での送金先であるトランスファーワイズヨーロッパ(Transferwise Europe SA)のIBAN(BE 28 9670 0517 5520)を選択する(初期の場合は直接入力、2回目以降はN26にデータとして保存されます)

6)送金金額をN26口座に入力し、Transferwise Europe SAに送金完了

7)送金完了したことをトランスファーワイズの画面上でボタンをクリックして完了

8)あとは待つだけ・・・今回は翌朝に日本の銀行口座に振り込み完了のお知らせを受理

※TransferWise経由で送金されたお金を受け取るだけの際は、TransferWiseアカウントを開設する必要はありません。

以下のステップバイステップは、トランスファーワイズ・ジャパンのホームページを参照して説明しています。

始めのアカウント登録は少し時間がかかりますが、一度アカウントを開設しておけば、急に送金が必要になった場合にとても簡単に海外送金ができますので、始めだけ我慢して登録しておきましょう!

(1)口座(アカウント)を開設する

TransferWiseのウェブサイトへアクセスし、右上の「口座開設」ボタンをクリックします。

transferwise Japan

そして、メールアドレスと氏名を登録します。

(2)送金額や送金の種類を指定する

送金額を指定すると受取概算額が、または受取額を指定すると必要な送金額が表示されます。

個人口座からの送金か、法人口座からの送金かを選択します。※法人名義で登録する場合には、法人の種類によって必要な書類が増える場合があります。

画面に従って自分(送金人)の情報を入力します。

(3)受取人の口座情報を入力する

受取人を「自分自身」、「その他」、「法人・団体」のいずれかから選んでください。

受取人のメールアドレス、口座名義、口座情報を入力します。口座情報が分からない場合はメールアドレスのみで送金することもできます。

(4)オンラインの本人確認を行う

2020年4月から本人確認の全手続きが、オンラインでできるようになりました!
次の4点を手元に準備しましょう。

  • 日本発行の顔写真付き身分証明書(例:マイナンバーカード、日本の運転免許証、在留カード、住基カード)
  • 手のひらサイズの紙とペン(4桁の認証コード(後述)を書くために必要です)
  • カメラが付いているスマートフォン
  • マイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード

※なお、2020年4月以前は初回かつ10万円以下の送金の場合、本人確認を後から行うこともできましたが、現在は全ての送金にオンラインでの本人確認が必須です。

「手続きを進める」をクリックしましょう。本人確認は30分以内に終わらせる必要があります。

transferweise Japan

(5)写真を撮るための準備を進める

スマートフォンで手続きを進める場合、画面上のQRコードをスキャン、またはhtts://wi.se/jpy-verifyにアクセスしましょう。

スマートフォン以外のデバイス(パソコンなど)で手続きを進める場合、画面上の「こちら」をクリックしましょう。

(6)アップロードする本人確認書類を選択する

以下から、アップロードする本人確認書類を選択しましょう。

(7)4桁の認証コードを紙に書く

認証コードを紙などにメモしておきましょう。

(8)4桁の認証コードを書いた紙と本人確認書類の表面を一緒に写真に撮る

次に、「続行」をクリックして、その紙と一緒に本人確認書類の表面の写真を撮りましょう。本人確認書類と紙を別々で撮るのではなく、写真1枚に収めます。

(9)本人確認書類の厚みがわかるように撮影

再び、「続行」をクリックして、本人確認書類の厚みがわかるような写真を撮影します。表面の情報と厚みがわかるように、本人確認書類を手で少し傾けて撮影しましょう。

(10)本人確認書類の裏面を撮影

最後に、同じように「続行」をクリックして、本人確認書類の裏面を撮影します。

(11)「3つの写真を撮影しました」をクリック

全ての写真の撮影が終わったら、「3つの写真を撮影しました」をクリックします。

(12)4桁の認証コードを書いた紙とともに自撮り画像を撮影

「続行」をクリックし、先ほど準備した4桁の認証コードを書いた紙を持ちながら、セルフィーを撮ります。

(13)マイナンバー関連書類を選択する

※日本に居住していない場合

現在日本に居住していない場合は、マイナンバーの提出をスキップできます。ただし、TransferWiseの日本口座開設には、日本の住所が必須です。

(14)「続行」をクリックし、マイナンバー関連書類を提出する

選択したマイナンバー関連書類(例:マイナンバーが記載されている住民票)の写真を撮り、アップロードしましょう。

これでオンラインでの本人確認手続きが終了しました!引き続き、送金の手続きを進めましょう。

(15)送金の目的を選択

送金の目的を選択します。

(16)送金内容の確認

送金内容に間違いがないか、しっかり確認しましょう。

(17)利用規約を確認する
(18)入金方法を選択

相手への入金方法を「銀行振込」または「デビットカード」から選択します。

なお、デビットカードを利用した入金の場合、送金手続きが迅速に済むというメリットがある一方で、カード手数料がかかることに注意です。

より安く済ませたい場合は、銀行振込を選択するといいでしょう。

(19)TransferWise Japan(トランスファーワイズ ジャパン)の銀行口座に振り込む

TransferWise Japan(トランスファーワイズ ジャパン)の日本口座(三菱東京UFJ銀行の恵比寿支店)に送金したい金額を振り込みます。

「TransferWiseの口座に振り込みするってどういうこと?」と思われる方もいるかもしれません。

TransferWiseは国内での銀行間の送金を活用した仕組みになっています。

自分の口座→TransferWiseJapanの銀行口座への振り込みが済んで初めて、TransferWiseの海外口座→受取人の口座へと振り込まれます。

つまり、お金自体は物理的に移動していません(国内送金同士=>海外の送金先のトランスファーワイズから海外の送金先の口座へ振り込まれる)。

だから、手数料を安くする事ができているのですね。

そして、上の画面が出てきたら、そのまま他タブ・ウィンドウで自分の銀行のオンラインバンキングを開いて送金を済ますこともできますし、「後で振り込む」を選んで、その場ではなく後でATMへ行って振り込むこともできます。

ここでお分かりの方がいらっしゃると思うのですが、わざわざ銀行まで行く必要がない方が良い(特にドイツの場合は、日本のようにあまりATMが沢山なかったり休日は閉まっている場所も・・・><)のは、オンラインバンキングですので、銀行のオンラインアカウントを持っていた方が良いですね!

私は、日本では、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、ドイツでは、PostbankとN26をオンラン上で手続きすることができます。

「後で振り込む」を選択すると、「できるだけお早めにお支払いください」という画面が出てきます。

(20)あとは、受取人の口座に振り込まれるのを待つだけ

TransferWiseJapanの口座に振込が済んだら、TransferWiseから受取人の口座に指定した通貨で振り込まれます。

初めてTransferWiseを利用する場合、本人確認が認証されるには平均で3営業日程度かかります。2回目以降は、より速く送金できます。

以上、TransferWiseを使った海外送金の方法を詳しく見ていきました。TransferWiseは、オンライン上でアカウント作成・本人確認・送金手続きが完了する便利なサービスです。

イイコトずくめのトランスファーワイズ(Transferwise)を賢く使ってお金と仲良く付き合おう

「これから海外赴任が決まっている」

「海外旅行が大好きだ」

「子供が留学する予定になっている」

「これから海外留学やワーキングホリデーを検討している」

「いろんな国で活躍したい」

このような方は、ぜひトランスファーワイズで口座(アカウント)を作って、お金とうまく付き合っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました