絶景ばかりの国、アイスランドの魅力!~レイキャヴィーク周辺編~

Europe
©haneusagi.com

こんにちは!はねうさぎです。

5日間というショートステイでしたが、アイスランドへ行ってきました。

日本からは直行便も無く、マイナーなイメージのアイスランドですが、ここ近年、観光客の数が増加しているそうです。

今回は、アイスランドの首都であるレイキャヴィーク周辺の魅力を総合的にお伝えしようと思います。

アイスランドについて

面積は、日本の北海道と四国を合わせた程度で、電車などの公共交通機能は無いです。

首都はレイキャビクで、国土の11%が氷河に覆われています。

アメリカ大陸とヨーロッパ大陸のちょうど間、北大西洋上に浮かぶ島国です。

多くの火山が存在し、温泉も存在する他、豊富な地熱を発電などに利用していることはテレビなどで見たことがある方も多いでしょう。

一方で、噴火による災害も多く、2010年の火山噴火により、世界中の航空機の運行に影響を与えたことは記憶に新しい方もいるのではないでしょうか。

この火山と氷河によって作り出されたランドスケープは、どの国にも無いとてもユニークなものでした!

春や夏には野生の草花が芽吹き、夜が長いこと、秋から冬にはオーロラ見られるなど見所が満載。

2015年の世界平和度指数ランキングが世界第1位、と治安の良さもあって、世界中からのたくさんの観光客を魅了しています。

ブルーラグーン

「ブルーラグーン(Blue Lagoon)」という名前は聞いたことがある方もいることでしょう。

ブルーラグーンは、世界最大の屋外温泉施設です。

青白い乳白色のお湯で、溶岩台地に囲まれた広大な温泉と絶景を楽しむことができます。

広大なプールのような温泉施設の横には「プールバー」があり、飲み物を飲みながら温泉を楽しむことができます。

お湯の温度は日本人には若干ぬる目の38度設定。でもこのちょっとぬるいのが良かったです。

なぜなら、ブルーラグーンは、一度入場したら時間無制限で施設内に滞在してよいことになっています。

チェアーのある休憩エリアで休むもよし、サウナに入ってみるもよし、ドリンクを飲みながら足湯につかってもよし!なのです。

ただ、外気が結構冷たかったのも私は殆どお湯に使っていました。

物価の高いアイスランド。

気になる入場料は、日時によって異なり、またプランによって異なります。

「スタンダード」「コンフォート」「プレミアム」「ラグジュアリー」のプランチケットがあり、私はドリンク1杯とタオルレンタル付きの「コンフォート」を事前にサイトで予約。行く前にチケットを事前に予約しておきましょう。

私の行った日時では、この「コンフォート」チケットでおよそ1万円でした。

○Blue Lagoon公式サイト(チケットの購入もこちらから)
http://www.bluelagoon.com/

ハットルグリムス教会

ハットルグリムス教会(hallgrimskirkja)は、レイキャビクのシンボル的な教会で、高い建物があまり無い市内では遠くからもこの教会のとんがり部分を見つけることができます。

欧米では様々なスタイルの教会がありますが、このハットグリムス教会のデザインはちょっとどこにも無いようなユニークなものでした。

大人ISK 900、子供ISK 100(2017年5月現在)をショップカウンターで支払い、チケットを購入し、エレベータで地上70mの高さ教会の展望台に上ることもできます。

ただし、エレベーターでは、上りも下りも誰もチェックしていない・・・さすが世界平和指数第一位。

きっと誰もごまかす人なんていないのかもしれません・・・。

展望台に上がると四方に複数の窓があり、美しいレイキャビク市街を360度見渡すことができます。

図1.jpg

©haneusagi.com

ハルパ・レイキャヴィーク・コンサートホール

ハルパ・レイキャヴィーク・コンサートホールは、レイキャヴィクの静かなハーバー・エリアにあるコンサートホールと会議室を備えた施設。

世界的に著名なデンマークの建築家ヘニング・ラーセンが設計を手がけました。

万華鏡的なファサードが特徴で、時間や当たる光の加減、角度によって見た目の色が変わるような外観です。

とにかく美しい!

コンサートホールからハーバー沿いに散歩するのもいいですね。

中に入ると、天井まである吹き抜けとガラスファサードの効果で、空間がとても広くて明るく感じました。

エスカレーターで上層階に上って下を見下ろすと、少し怖いくらいの高さでしたが、ところどころ黄色をアクセントとしたソファーが置かれており、とってもオシャレな空間でした。

Picture4.png

©haneusagi.com

チョルトニン湖

レイキャヴィークの中心にあるチョルトニン湖。市民の憩いの場となっています。

チョルトニン湖の近くには、国会議事堂があり、かわいい町並みの旧市街地やレイキャビク大聖堂などがあり、景観の美しいエリアです。

散策したり、カフェでまったりしたりするのに良いですね。

1881年に建設された国会議事堂は、玄武岩という石?岩?の外壁をもつ建物です。

昔デンマークがこの島を征服しようとした時に、ドラゴン、鳥、牛、巨人が守護神として征服を防いだことから、この国会議事堂にはこの4つの守護神のレリーフが彫られています。

物価は高いがシーフードやラムなどおいしいものがいっぱい

何度も言いますが、アイスランドの物価は高いです。

以前はもっと物価が高かったのですが2008年の金融危機でクラッシュして依頼、アイスランドは富裕層だけのトラベルディスティネーションではなくなりました。

日本と同様島国のアイスランドのおいしい食べ物と言えば、やはりシーフード。

特にログスターが有名です。

クリントン元大統領も訪れたという有名なホットドッグ屋さんもあります。(ここは、絶対に行くべき!と言われたのに、はねうさ夫が「バカ高いホットドックなんか食べたくない」と拒否したため行けませんでした・・・)

また、アイスランドへ行ったら是非食べたいもののひとつに「スキール(Skyr)」があります。

見た目は完全にヨーグルトで、味やテクスチャーもギリシャヨーグルトにとても似ていますが、実はスキールはチーズなのです。

ヨーグルトとはまったく違ったバクテリアを使っていると説明に書いてありました。

ヨーグルトとは似て非なるスキールですが、プロテインを豊富に含み、ローカロリーなど良いこと尽くめです。

スーパーでは、ヨーグルトカップのようなパッケージに入って様々なフレーバーが売られています。

もちろん、ホテルの朝食にも必ずスキールがありました。

残念ながら、日本では生産、販売はしていないようですので、アイスランドに行ったら是非食べるもののリストに入れたいものですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました