バクーのシンボル5つ星ホテル「フェアモント・バクー・フレーム・タワーズ」に泊まってみた

Hetel/ Hostel

こんにちは!はねうさぎです。

先日、アゼルバイジャンへ行ってきたことは書きました。

アゼルバイジャンの首都は「バクー(Baku)」ですが、このバクーを象徴する、いや、アゼルバイジャンを象徴すると言ってよい「フレームタワー」。

カタカナで書いてしまうと味気ないのですが、「Fairmont Baku, Flame Towers(アゼルバイジャン語:Alovqüllələri)」のことで、アゼルバイジャンが、ゾロアスター教の発祥の地と考えられており、その火崇拝の長い歴史を象徴してデザインされました。

「フレーム」は「Flame(炎)」のことですね!「Frame」だと「額縁・骨組み」の意味になるので、発音に注意です!(笑)

さて、この5つ星ホテル「フェアモント・バクー・フレーム・タワーズ」に宿泊しましたので、感想を含めホテルについてご紹介したいと思います。

アゼルバイジャンのヘイダル・アリエフ・センターに行ってきた

アゼルバイジャンについて知ろう

IMG_6252.JPG
©haneusagi.com
日本人にはあまりなじみのない国、アゼルバイジャン。

なので、まず簡単にアゼルバイジャンについてご説明します。もちろんWikipediaを見ていただいても良いのですが、サクッとご紹介します。

アゼルバイジャンは旧ソ連の構成国のひとつで、ソ連崩壊後の1991年に独立国家となりました。

ですので、アゼルバイジャン語のほかに、ロシア語も通じます。英語はホテルや観光名所以外は、ほとんど通じませんでした。

カスピ海に面し、アジアとヨーロッパにまたがるコーカサス地域に分類される、コーカサス3国(ジョージア、アゼルバイジャン、アルメニア)の中で、唯一のイスラム教国です。

また、世界最古の文明のひとつとも言われており、ゾロアスター教とキリスト教、そしてイスラム教が出会った国でもあります。

近年は、石油やガスなどの天然資源が豊富に産出され、いわゆる「オイルマネー」で急成長を続けている国家のひとつで、「第二のドバイ」とも言われています。

フレームタワーはもとより、奇抜で近代的な建築物や国際レベルのインフラを整備中で、首都・バクーはかなり洗練されてきています。

新しいものだけでなく、首都バクーには中世の城壁に囲まれた「内城」と呼ばれる旧市街があり、「城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔」はユネスコの世界遺産にも登録されています。

その旧市街地には 15 世紀の王室御用邸であったシルヴァンシャー宮殿や、バクーの街を見渡せる乙女の塔があります。

かつてシルクロードの要所として栄えたこの国に残るキャラバン用の宿や、旅人の無事を祈る言葉が綴られたシェマハ門などは旅のロマンを感じます。

大都市バクーから車で20分も走ると、農村地帯が広がり、羊飼いの姿を目にすることができます。

シルクロードを旅したキャラバンに想いをはせながら、アゼルバイジャンを旅してみてはいかがでしょうか。

ラグジュアリーホテル「フェアモント・バクー・フレーム・タワーズ」

アゼルバイジャンに火崇拝の歴史がある事は書きました。

また、アゼルバイジャン自体が「火の国」の意味をもっており、このフレームタワーは、首都・バクーのみならず、アゼルバイジャンのシンボルそのものです。

建物は、3つの高層タワーで構成されていて、そのデザインは、まさしく「炎」を連想させます。

ビルの高さは182 m。33階以上の上層階には、130戸の住居用アパート、ホテルタワー部分は250部屋および61部屋のサービスアパートメント、そして、総面積33,114平方メートルのオフィススペースを提供するオフィスビルで構成されています。

ホテルタワーには、映画館、レストラン、ライブミュージックバー等も併設されており、総合施設となっています。
フレームタワーの建設は2007年に始まり、2012年に完成。総工費用は、推定3億5000万ドルと言われています。

プロジェクトの設計を担当したのは、世界で4番目に大きな建築設計事務所のヘルムース・オバタ・カッサバウム(Hellmuth, Obata and Kassabaum 略称:HOK)。

アゼルバイジャン、規模がデカいですねーー!

この「フェアモント・バクー・フレーム・タワーズ」は、バクーで最もラグジュアリーな5つ星ホテルと言われています。

「フェアモント・バクー・フレーム・タワーズ」のお部屋

IMG_6235.JPG
©haneusagi.com
チェックインの時に「お部屋の希望はございますか?」と質問されました。

予測もしていない質問だったので、「え~・・?」と考えていると、はねうさ夫が「景色の良い上層階を希望します」と伝えたので、「ホテル最上階の28階のお部屋をご用意します」と言われました。(でもね、結局その上にもお部屋あるんじゃん?っていう疑惑が後から湧き上がる・・・スイートルームかな?!)

後で思ったのですが、「バスタブのあるお部屋を希望」と伝えればよかったなあと・・・まあ、スパがホテルの中にあっていつでも使えるので別にバスタブなくてもいいと言えばいいのですが、今まで泊まった5つ星ホテルの部屋にバスタブが無いなんて一度もなかったので、まさかシャワーブースだけのお部屋に案内されるとは夢にも思いませんでした。注意です!

さて、ここからお部屋チェック!

●ベッドと枕:
今まで泊まったホテルの中でもTOP3に入る寝心地の良さ!
使用しているリネンも高品質。マットレスはさすがにチェックしなかったけど、枕はカナダ製とドイツ製を使用しているという事でした。

●窓:
このホテルに泊まったら気になるのはやはり景色。
残念ながら窓ガラスのお手入れがイマイチで、ガラスはクリアじゃなかった。おそらくこの地域の気候を考えると、すぐに窓は汚れてしまうだろうという予測と、なかなか窓ガラスを清掃するのは大変だろうとは思うけど、少しがっかりしたのは事実。

通常のカーテンと遮光カーテンの2重装備で、ボタンひとつでカーテンの開け閉めを行えるところはさすが、ラグジュアリーホテル。

●バスルーム:
シャワーヘッドと水道の蛇口は、世界に誇るドイツの高級ブランド・ハンスグローエのラグジュアリーライン「アクサ―」。ここは間違いない。

アメニティーもかわいくオシャレでした。

不思議だったのは、トイレ、ビデ、洗面ボウルがTOTOだったこと。

日本人としては、日本メーカーをラグジュアリーホテルに採用してくれているところはとても嬉しいし、日本人として誇らしいのですが、TOTOが5つ星ホテルに入っているという微妙な違和感を感じてしまいました(ヨーロッパでは絶対にない光景)。

ビデの壁側にタオル掛けがあり、薄手の手ぬぐいのようなタオルがかけてあったのも嬉しい気づかい。
私は、ビデは夜寝る前に足を洗うのに使っています。もちろん通常の使用用途でも使えますよ。

●インテリア:
お部屋、バスルーム共にベージュ系で統一された落ち着いた雰囲気。天井も高く開放感がありました。
高い天井から吊るされた照明器具は、まるで大きなランタンをデザインしたような少しアジアンテイストなデザインで、お部屋のアクセントになっていました。

「フェアモント・バクー・フレーム・タワーズ」残念だったこと

IMG_6236.JPG
少し残念だったのは、「国のポリシー」ということで、フレームタワーへ出入りする度に実施されたセキュリティーチェック。

空港並みに、バッグ、ジャケットもベルトコンベアーに置かないといけず、面倒くさかったです。

宿泊客としてはあまり気分の良いものではありません。

高層ビルだし、ちょうど国際的なカンファレンスが行われていたようで、仕方ないと言えば仕方ないのですが、もう少しスマートなアイディアが欲しいところです。

また、チェックインの時にロビーが何だか殺伐としていて落ち着かなかったこと、ウェルカムドリンクもフルーツもチョコレートもなかったのには少し驚きました。

「庶民のくせに、えらそーに!」と思うあなた!確かにそうですが・・・私、期待しすぎだったのかな?!

「フェアモント・バクー・フレーム・タワーズ」の施設と価格

P1080944.JPG
©haneusagi.com
このホテルには、映画館、レストラン、スパ、ジム、バー等の設備もあり、宿泊客はもちろんのこと、宿泊していない人でも有料で利用することができます。
※写真の夜景は、ヒルトンホテルからの眺め。夜のライトアップは必見です!

宿泊客はスパ(マッサージなどのトリートメントは別)とジムは無料で使用できると言われましたが、チェックインの時にデポジットをある程度の金額支払い、レストランやバーなどでは部屋番号を伝えてデポジットから差し引いてもらうようにしました。

お部屋はシティービューだったため、カスピ海を臨むお部屋ではなかったのですが、スパからは眺めも良く、行った時間は人も少なかったのでとても良かったです。

ホテルの方も言っていたのですが、多くのお客様はアラブ系の国(特にドバイからはフライトコネクションも良く、良くお客様が来られるのだとか)からが多いとのことだったので、女性専用のスパルームもあるようなのですが、私達は共用スパ(もちろんドイツじゃないから水着着用!笑)へ行ったので、プール、2種類のジャグジー、2種類のサウナをほぼ独り占めで使いたい放題でした。

アラブ系の方たちは、おそらくスパには行かないのでしょう。

プールもサウナも整備が行き届いていて清潔、スタッフの英語も素晴らしくフレンドリーで、とても気持ちよく使用することができました。宿泊する際には水着持参をお忘れなく!

ドイツのサウナは「男女混浴」!ドイツの温泉初体験

そして、生バンドが演奏しているバーラウンジにも行ってみました。

価格はドイツのレストラン並みで、こういった途上国としては、かなり高価ではあると思います。私たちはビールとワインを2杯ずついただきました。

カクテルやジュースに使用するストローはすべて紙製なのも好感が持てました。

客層は、ニューリッチのロシア人が多いイメージ。こちらもおそらくイスラム教徒であるアラブ系のお客様は来ないと思います。彼らはお酒飲まないのでね・・・。

お隣の国、ジョージアがワインの産地として有名ですが、アゼルバイジャンでもワインを生産しているとのことで、ご当地ワインを味わってみることに。

驚くことに、とてもクオリティーの高いワインでした!

個人的には、辛口の赤ワインがとても良かったですが、ホテルの方曰く、国際的にもシャルドネなどの白ワインに定評があるとのことでした。

朝食は、ビュッフェ方式でしたが、やはりここはなんだかんだ言って途上のイスラム教圏。食べ物にあまりバリエーションがないのですよね・・・。

現時点までで、はねうさ夫と2人で泊まった5つ星ホテルの朝食に独断と偏見でランキングを付けていて、今のところのトップ2は、ベトナムの「ホテル・ニッコー・サイゴン」と、セーシェルの「Hリゾート」なのですが、残念ながらこの2か所を超えることはありませんでした。

さて、気になるこのホテルの宿泊料ですが、なんと1泊200ユーロを切っています。(もちろん、シーズンによると思いますが、気になる方はWEBサイトなどで確認してください)

公式サイトは日本語表示も選択できます。
Fairmont Baku, Flame Towersウェブサイト

この価格は、もちろん一般のアゼルバイジャン人にはとても高額ですが、ニューリッチのアゼルバイジャン人もいるわけなので、こういった方には妥当な金額でしょう。

「フェアモント・バクー・フレーム・タワーズ」は、他の国や地域の5つ星ホテルと比較しても、価格は割とリーズナブルだと思うので、窓ガラス、サービス、ウェルカムドリンク等、「残念・・・」と思ったところを価格と照らし合わせてみたら納得する部分もあるかもしれません。

価格を考えると、バクーに行ったのなら、一度は泊まる価値アリです!

私達はこのホテルに2泊したのですが、今思えば3泊して、もう少しスパやジムを楽しんでも良かったかなあという気持ちはあります。

「フェアモント・バクー・フレーム・タワーズ」、あなたが泊まる時にはまた違った趣があるかもしれません。

ぜひ、バクーに来た際にはせっかくなので宿泊してみてはいかがでしょうか。

【ホテル名:Fairmont Baku, Flame Towers】
住所:Mehdi Huseyn Street 1A, Baku, AZ1006

コメント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
タイトルとURLをコピーしました