オーガニック化粧品大国のドイツ!せっかくなので色々試してみた4

ドイツ生活

こんにちは!はねうさぎです。

プチプラなのに優れものコスメが多いドイツ。

オーガニック化粧品のラインナップも多く、大手ドラッグストアではプライベートブランドも展開していてお財布に優しい価格も魅力なので、色々な化粧品を試してみることができるのがいいところ。

ドイツへ来たら必ずドラッグストアをチェックする必要がありますね^^

今回は、だんだん冬の足音が迫ってきたドイツで、乾燥対策と共に最近の自分の中のヒット商品をご紹介します。

ウェレダのスキンフードライト(Weleda Skin Food Light)

aa.jpg

参照:weleda.de

赤ちゃんや子供にも使えるナチュラル・オーガニックコスメブランドのパイオニアと言えばヴェレダ。

ドイツ・スイス・フランスを拠点とし(本社はスイス)、日本でもすっかりおなじみのオーガニックコスメブランドです。

日本でも販売されていますが、お値段と香りが気に入らず、日本で買ったことは無かったのですが、ドイツに来てからこのウェレダの「スキンフォード(Skin Food)」を使い始め、オーガニックスキンケアコスメブランドのパイオニアとして長く市場に君臨している理由が分かった気がします。

このスキンフードは、始めは顔や首に使用していたのですが、手荒れが激しく、ドイツの長い冬はとても乾燥しているので、ハンドクリーム替わりに使用していました。

このスキンフードを手指に薄く延ばしてすり込むだけで、手荒れが治ってるんじゃないかと錯覚してしまうほどの効果が!!

他のハンドクリームは、べたついたり、変な香りがしたり、時には皮膚があれている部分につけるとかゆくなったりすることもあったのですが、このウェレダのスキンフードをハンドクリームとして使用してからは、そういったトラブルは無くなりました。

ただ、このスキンフードは、すこし固いクリーム状なので、使い勝手がイマイチ・・・と悩んでいたところ、新商品の「スキンフードライト」を発見!

新配合の滑らかなクリーム状のスキンフードライトは、「元祖スキンフード」よりもミルキーなクリームでさらっとしています。

入れ物も、元祖スキンフードはメタル素材のチューブに入っている(塗り薬のチューブ素材のような)のですが、スキンフードライトは、形が変形しないプラスチックチューブに入っていて、普段使いはもちろんの事、旅行に最適だと思います!

※この記事を書いた後に薬局で「元祖スキンフード」も、現在はプラスチックチューブタイプの素材に代わっているのを確認しましたので、ここに追記します。

2 in 1 仕様なので、このクリーム1本でお顔はもちろんのこと、ボディークリームとしても使用できます。

・体と顔の集中ケアに
・気軽な使用感
・お肌に素早く浸透
・お肌の乾燥を防ぐ
・パンジー、カモミール、キンセンカの花からの貴重な植物エキス
・オーガニックひまわり油、オーガニックシアバター、オーガニックココアバター、オーガニック蜜蝋を含む高品質の植物油を使用
・ナチュラルコスメの基準「NaTrue」の認証ロゴ付き。
・有機農業からの貴重な成分を使用していることを証明する「Bio Inhaltsstoffe」認証ロゴ付き。
※このロゴは、ウェレダがオーガニック認定を受けた高品質の成分を使用している証しです。

上記良いことづくめで、すごくオススメです!

>>あわせて読む

ドクター・シェラーのセラム(Dr. Scheller Anti-Falten Arganöl & Amaranth Serum)

75407688_1343402032500711_6381052458063364096_n.jpg
温泉やスパリゾートとして有名な、ドイツのバーデン・バーデンで生まれたDr. Scheller。
以前の記事でもご紹介したことがありますが、私はこのブランドのナイトクリームが好きで、リピートしています。

>>あわせて読む

何と言ってもアラフォー(いや、もう中年って言ってもいい年に差し掛かってきました・・・)なので、「アンチエイジング」とか「シワに効く」とか、とっても繊細かつ重要なトピックスなのですよ!

なので、このエイジングに注力したラインアップがそろっているドクター・シェラーは結構好きです。

ナイトクリームとは別に、「しわケア・集中ケアセラム」は見た瞬間にとっても気になり、購入しました。

セラムなので、ナイトクリームよりもさらっとした液体仕様でお肌への伸びもよく、あまりクリームタイプが好きじゃない方でも使いやすいと思います。

容量も30ミリと小瓶に入っていますので、旅行やスパなどにも持って行けます。もちろん機内持ち込みOK!

dmのPB alverde(Aqua 24H Hyaluron Hydro Cremegel)

74661738_946818842359792_6691650152014282752_n.jpg

© haneusagi.com

ドイツの大手ドラッグストア「dm」。

日本の旅行ガイドブックでも「ドイツでの買い物はdmをオススメ」などと紹介されているお店ですが、こちらのプライベートブランドがいくつかあり、そのうちの「alverde」(なんと発音するのか・・・アルファーデ?アルフェルテ?アルヴェーデ??)は、オーガニックコスメのラインアップ。

化粧品以外にもシャンプーやボディーケア製品もそろっており、かなりコスパが良いので、このブランドを使用している若いドイツ人は多いと思います。

「ドイツってクリームばかりで化粧水っぽいのがなかなか見つからない」とずっと思っていた時にこの「Aqua 24H Hyaluron Hydro Cremegel」を見つけました。

>>あわせて読む

商品の陳列棚には「保湿」と書いてあるコーナーに置かれていて、クリームジェルということは、クリームよりもさらりとしているのでは?と予測し、使ってみることにしました。

価格は何と1本2.95ユーロ!

安い・・・こんなに安くていいんだろうか?と思ってしまいます。

私の予想は的中で、色は白いナイトクリームのような見た目なのですが、さらっとした液体で、お肌の乾燥を防いでくれます。

気になるのが、使用されている植物に由来しているのか、何ともいえない「草」のような「お花」のような不思議な香りがします。

私はそんなに苦手ではありませんが、すっごく好きな香りでもないので、まあ・・「△」かなあと。

実際に、色々なコスメ製品を試してブログに掲載しているドイツ人が何人かいるのですが、この商品を使用してみて、「お肌へのなじみが良いとか乾燥を防いでくれるとか、アレルギー反応も怒らなかった」等書いているのですが、最後に「製品自体は良いけど、においが嫌なので二度と買わないと思う」と書いてあったりします・・・。

プチプラで、さらりとした使用感を求めている方には良いですし、この香りが好きな方には完璧ですね。

また、乾燥が特にひどい方には、これよりもはやり「ウェレダのスキンフード」をお勧めします。

あるいはこちらを使用した後に、更に濃厚なクリームを使用するのがいいかも。

個人的には「alverde」シリーズに関して言うと、やはり一度ウェレダやドクターハウシュカを使うと、もうこのプチプラコスメには戻れないかなあ・・・という感想。

その時は良いのですが、「長く愛用する」となると、違うかなあ、と思います。

切ないなあ~アラフォー。

>>あわせて読む

コメント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
タイトルとURLをコピーしました