今年も日本一時帰国終了!東京で行ったお勧めレストランを大公開

Japan

こんにちは!はねうさぎです。

クリスマスの後、ドイツ地元に帰省中の友人に会ったり帰国準備したりで大忙しだった年末。

その後は日本へ一時帰国していました。

遅くなりましたが、皆様、2020年あけましておめでとうございます!

皆さん、お元気でしょうか^^

2週間ちょっと滞在した日本ですが、両親の住んでいる雪国訪問以外は東京で友人と会ったり、クライアントさんと来月のお仕事の打ち合わせ等(たまにドイツ国内での通訳・メッセアテンド、日本の雑誌の記事執筆などのお仕事をいただいております)で、あっという間の日本滞在でした!

今回は、自他ともに認める「Foodie(おいしいもの大好きな人の事)」の私が、都内で行ったレストランをご紹介します。

都内にお住まいの方、東京へ遊びに行きたいと思っている方のご参考になれば幸いです。

【日本一時帰国の東京で食べたいもの:No.1】お寿司・お刺身

80607886_10218202700472426_1195368958450991104_n.jpg

© haneusagi.com

海と言う海から遠く離れた南ドイツに住んでいる私にとって、新鮮なお刺身やお寿司を食べることは夢のまた夢です。

お寿司があまり好きでない方を除き、日本へ一時帰国または旅行する際には「おいしいお寿司屋さんで心行くまでおいしい魚介類を堪能したい!」と思うことは日本人として当然(いや、人間として!)の事です。

お寿司のネタは地方によってそれぞれ「ご当地」のお魚やネタの調理方法・味付けなどが違い、単純に「日本でお寿司」と言っても東西南北、お寿司屋さんによって志向が違うのは言うまでもありませんが、やはり日本で新鮮なお魚を使ったお寿司は絶対食べたいもののひとつです。

私は東京生活が長かったこともあり、地方でいただくお寿司もいいのですが、都内でいただくお寿司が好きです。

今回はいつも通っていた近所のチェーン店のお寿司屋さんと渋谷でいただいたモダン寿司カテゴリーに分類されるお寿司屋さんの2件をご紹介します。

●凧すし(はたすし)

京王線・世田谷線の下高井戸駅から徒歩3~4分のお寿司屋さん。

カウンター、お座敷席、ボックス席があり、いつも地元の家族連れやお仲間連れで賑わっています。

高級寿司と言うよりは、ファミレス感覚で使えるカジュアルな寿司居酒屋のような雰囲気で、個人的には気楽にふらっと行けるのが気に入っています。

ちなみに、下高井戸と言えば、新宿などでも店舗展開をしている「旭鮨総本店 下高井戸本店」が有名かと思いますが、あえて今回は凧すしさんをご紹介します。

美登利寿司とかすし処佐藤とか有名店もおいしいのですが、以前都内に住んでいた時は、こちらの凧すしさんに何度か行っていました。

と、いうのは、はねうさ夫と知り合い、このお寿司屋さんで食事をしたのをきっかけに、「日本に行ったらまずはこのお寿司屋さんへ行く」と言うのが通例になっています(笑)

東京には有名なお寿司屋さんが沢山ありますが、こちらのお寿司屋さんは、かなりマイナーな立地にもかかわらずネタが新鮮で季節もののネタを手最適価格で提供してくれるところが気に入っています。

この近辺にお住まいで、まだ試したことのない方はぜひ^^

お刺身の盛り合わせはボリュームたっぷりで、夫が大好きなアイテムのひとつです。5点盛りなのに7点入っていることもあるくらい大サービスなお店です。(今回はしっかり5点でしたが・・)

行った日は、通常の牡蠣よりも少し大きいサイズの岩ガキが「本日のおしながき」にあったので、岩ガキをいただきました。

きちんと包丁も入っていて食べやすく、プリっぷりなのにミルキーで、かな~~~り、幸せな瞬間でしたね!

他のネタはまあ標準的なお味だと思いますが、マグロ盛り、白身盛り、貝盛り、炙り盛りなどのメニューがあり、お好みに合わせて注文しやすいと思います。

サービスはまあまあかな・・・タッチパネルのタブレットで注文することもできます。

日本酒もなかなかの取り揃えなので、日本酒がお好きな方には嬉しいかも。

ビールはすごく安いわけではないので、ドイツ人のはねうさ夫と一緒に行くと、かなりの確率で結構な金額に到達してしまいます・・・苦笑

お勧め:お刺身盛り合わせ、生ガキ、まぐろ
価格:$$
雰囲気:★★☆
サービス:★☆☆

【所在地】
〒156-0043 東京都世田谷区松原3丁目41−5 まるかみビル1F
TEL:03-5355-3386

●KINKA sushi bar izakaya 渋谷

友人と6人でお鮨ランチで使用したお店で、「新感覚お寿司とタパスに和風オリジナルカクテル」がウリというこのKINKA sushiさん。

新しいお店なのか、カフェのように洒落たインテリアでひっきりなしにお客さんが入れ代わり立ち代わり来ていました。

私達は6人と言うこともあり、友人が事前に予約してくれていたので、テーブル席に座ることができましたが、カウンター席もあります。

私は、創作炙り寿司と握りオススメの10貫を注文。旬魚のおまかせ握り寿司6貫にアブリシャス4貫に小鉢とあら汁がセットになっており、約2000円でした。

「アブリシャス」というのはこのお店の創作炙り押し寿司で、エビにバジルマヨソースの組み合わせなど、かなりのぶっ飛び具合でしたが、ドイツ寿司に慣れてしまっている私なので、意外とおいしかったです!(友人もおいしいと言っていましたよ!)

渋谷は海外からの観光客も多いからか、英語メニューも完備されていました。

残念だったのが、きちんと指差しで注文するものを伝えたにもかかわらず、全く違うモノが来てしまい、最終的に約1時間かかって食事が提供されたことです。

「申し訳ありませんでした」「確認いたしますので少々お待ちください「こちらはお醤油をつけずにお召し上がりください」などなど、一言言ってくれればこちらも「そうか~」と思うようなことが全くなっていない、最悪の接客でした。

スタッフはみな若い方だったのですが、運悪く新人さんに当たったのか?!お寿司のプレートを運んでいるのをじっくり見ていられないくらい手がプルプルと震えており、お客の目の前のテーブルに置くこともできず、お客にプレートを取ってもらい、横に渡してもらうのが当たり前のようなサービスだったのには驚きました。

お寿司が美味しかっただけに、かなり残念なサービス内容でしたね。

「インスタ映え」しそうなお寿司屋さんだったので、若者にはいいのかな・・・?!

お勧め:創作寿司、まぐろ握り
価格:$$
雰囲気:★★★
サービス:☆☆☆

【所在地】
東京都渋谷区宇田川町3-10 いちごフィエスタ渋谷 2F
TEL:050-5592-6582

【日本一時帰国の東京で食べたいもの:No.2】本格和食と居酒屋メニュー

81772574_10218286942138415_7201858903473127424_n.jpg

© haneusagi.com

今回は、ランチに和食レストラン、夜に海鮮居酒屋と焼き鳥屋さんへ行きました。

以下ご紹介する3件は、かなりお勧めですが、超人気店でもありますので、予約必須です!

●下鴨茶寮 東のはなれ

創業160年を超える京都の老舗料亭、下鴨茶寮を銀座で味わうことができます。

場所は東急プラザ銀座のレストラン階なので、わかりやすいです。

こちらは前回の日本一時帰国のランチでも訪問し、とても良かったので今回も行きました。

8000円の「昼懐石」と、5000円の「季節の懐石」があります。

最後に出てくる、つやつやに光った白い炊き立てご飯が本当においしく「日本人に生まれてよかった~~」と思ってしまうクオリティです。

お食事だけでなく、飲み物に関してはソムリエの方がいるようなのですが、日本酒の取り扱いがとても豊富で、ランチの飲み物もリーズナブルにいただくことができます。

私は、新潟の「至」という濁り酒をいただきました。おいしかったです!^^

接待で使われることが多い下鴨茶寮ですので、平日昼間は割と静かで、ゆっくりとした優雅な時間を過ごすことができます。

もちろん、サービスも素晴らしいので、銀座でちょっと優雅なランチをしたい!とお考えの方にはとてもお勧めのレストランです。

お勧め:懐石料理
価格:$$$
雰囲気:★★★
サービス:★★★

【所在地】
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 11F
TEL:050-5593-5462

●魚金2号店(うおきん)

サラリーマンの街、新橋にあるとっても有名かつ大人気のお魚居酒屋。

旬と鮮度にこだわり、食材はすべて産地直送なのだとか。

いつも集まる女子4人の女子会の場として、昨年こちらの魚金さんへお邪魔してから、魚金のとりこになってしまいました(笑)

新橋に何店舗か展開していますが、今回は友人が2号店を予約してくれたので、こちらをご紹介します。

とにかく、とってもお勧めなのがこちらのお刺身盛り合わせ。

いったい何品乗ってるんだ?!というくらいのボリュームで、お魚だけでなく、生ガキ、赤貝、ミル貝などの貝類のお刺身も乗っかっています。

ちょっとした細巻きや出汁卵もプレートに入っているので、まさしく魚介パラダイスの直球ど真ん中な一品。

「う~~~~~~ん!(おいしい!!!)」と唸ってしまうほどです。

どのお料理も新鮮でおいしいのですが、冬のオススメは「ぶりしゃぶ」です。

そう、お魚のブリが薄くスライスされていて、そおれをお出しの入ったお鍋でしゃぶしゃぶして、水菜やネギを一緒にいただくと、もう・・・お口の中が幸せでいっぱいになってしまいます。

友人曰く、昨年食べたぶりしゃぶがあまりにも美味しかったので、そのほかの日に2回来たそうなのですが、やはり冬のぶりしゃぶが一番!とのことでした。

サラリーマンの街とだけあって、コスパも最高!

たらふく食べて飲んでも1人5000円以下でした~。

ただし、このお店は超人気店のため、日にちや時間によっては2時間制をとっており、本当に予約時間からぴったりに追い出されますので、ご注意を!

お勧め:お刺身盛り合わせ、ブリしゃぶ、オリジナルチューハイ

価格:$$
雰囲気:★★☆
サービス:★★☆

【所在地】
東京都港区新橋3-8-6 大新ビル 1F
TEL:050-5596-0372

●新宿ニューれば屋

こだわりがありながらリーズナブルで美味しい焼き鳥がいただけると評判の「ニューれば屋」さん。

都内に何店舗か展開しているようですが、今回は新宿三丁目の駅からすぐの新宿店を利用しました。

こちらは、新鮮な希少部位を使ったおつまみや串焼きを化学調味料不使用で提供するという徹底したこだわりぶりです。

お店もさほど大きくないので、予約した方が良いですね。

正直言って、そんなに焼き鳥を食べて「めっちゃおいしい~~~!最高!」みたいに感動したことは少ないのですが、今回はちょっとびっくりするくらいおいしかったです。

ちょうど案内された席が、焼き場の目の前だったこともあり、調理してすぐに提供してもらったからラッキーだったというのもあったかと思いますが、定番の鶏ももは、外はパリッとしていて中はジューシー!

本当に、お肉を噛むと肉汁がじゅわ~~っと出てきたので、これは本物です!!

こちらの名物?なのか「鳥イクラ」というキンカン醤油漬けがとても人気と言うことでいただきました。日本酒にあいます!!

だた、女性2人だと、ちょっと濃厚すぎて実は全部食べることができませんでした。

ちなみに初めて聞くこの「キンカン」という部位は、鶏の体内で成長途中の卵のことで、鳥の卵が成長する際に最初は卵黄だけで、白身も無ければ殻も無い状態なんだそうです。

それを醤油漬けにした珍味、ということになります。

また、こちらの日本酒のラインナップが凄すぎでした。

私の知っている地元のお酒もあり、東京では見たことが無かったのでびっくりしました!

お料理もそうですが、お酒もリーズナブルで、とってもオススメです。

仲間とワイワイ、カップルでカジュアルに行くのにいいお店だと思います。

お勧め:鶏もも串焼き他、日本酒
価格:$$
雰囲気:★★☆
サービス:★★☆

【所在地】
東京都新宿区新宿3-8-9 平生ビルディング B1F
TEL:050-5592-9483

【日本一時帰国の東京で食べたいもの:No.3】多国籍な食事

82320245_10218327890562100_1049923253931343872_n.jpg

© haneusagi.com

日本の首都・東京では、レストランや居酒屋の多くが和食メインですが、中国、韓国をはじめ、タイやベトナムなどの東南アジアの食事はもちろん、フレンチ、イタリアン、アメリカン、ブラジル、インド料理などなど、世界各国の料理を提供するレストランがあります。

例えば、前回の一時帰国の時には、あの某横綱もご用達と言うモンゴル人経営のモンゴル料理レストランや、中国語ばかりが飛び交う中華レストラン、イタリアと同等の石窯で焼いたピザ・・などを堪能しました。

今回は、韓国居酒屋、ベトナムレストラン、餃子専門店をご紹介します。

なぜアジアンばかりなのかと言うと、私の住むドイツの田舎では本格的なアジア料理をいただくのがかなり難しいからです!

●韓国料理サムギョプサル とん豚テジ ゴジラロード店

都内に数店舗を展開するチェーン店の韓国料理居酒屋で、ほとんど全員の従業員をわざわざ韓国人採用しているという本格派の韓国居酒屋。

厚切りのサムギョプサルもとっても美味しいのですが、こちらの「カンナ」というオリジナルの豚バラを薄くスライスしたお肉を鉄板で焼いて、オリジナルのタレなどにつけていただくのが私のお気に入りです。

マスタードソースやネギサラダ、韓国みそ等、食べ方はいろいろで、どの食べ方も全部美味しい!

また、こちらの焼き肉はすべて店員さんが焼いてくれるので、誰かが焼きっぱなしで食べれないとか洋服にシミがついちゃった・・・なんてことも無いのですごく良いです!

飲み放題のプランを付けて1人4000円ほどなので、都内の居酒屋飲み放題付プランの平均価格(6000円ほど?データや根拠はないですが経験で!^^)より割安感もあり、おなかもいっぱいになって、とても美味しいので是非一度行ってみてほしいです。

実は、このお店を以前から知っていた私の友人から聞いたのですが、友人の同僚が韓国人で、ある日「XXさん(友人の名前)、目黒においしい韓国料理屋さんがあるのでぜひ連れていきたいです」と言われて、連れていかれたのがこの「とん豚テジ目黒店」だったそうです。

東京には「韓国人街」と言われている新大久保がありますが、日本に住む韓国人からもお墨付きのこのお店は、とってもオススメです!

新宿ゴジラロード店は何度も行っているのですが、全体的に若いお客様が増えた印象なので、気になる方は個室を予約(個室予約料がかかります)すると、周囲の雑音を気にせず友人と話をすることができます。

お勧め:カンナ、サムギョプサル、チャプチェ、チジミ、焼肉についてくるネギサラダ
価格:$
雰囲気:★★☆
サービス:★★★

【所在地】
東京都新宿区歌舞伎町1-17-12 第一浅川ビル3F
TEL:03-6205-5831

●オーセンティック

天ぷら、お好み焼き、うなぎに牛丼等、浅草と言えば老舗の日本食屋さんがたくさんありますね。

今回ご紹介するのは、浅草なのになぜかベトナム料理・・・というお店です。

このお店、日本で一番古い地下街と呼ばれる浅草の「浅草地下街」にある、超~~~昭和で、ぶっちゃけ日本とか昭和とかと言うより、ここは東南アジアか?!という何とも言えないニオイもする(雰囲気と言う意味ではなく本当に臭う)、びっくりな場所にあり、ランチで訪問しました。

連れて行ってくれた友人が行きたいというので行ったのですが、まあ・・・お世辞にもきれいなお店ではありませんので、衛生面を気にする方にはオススメしませんが、本場のベトナム料理、もしくはここ完全にベトナムかも!?という雰囲気がお好きな方はぜひ行ってみてほしいです。

実は、私の住んでいるドイツの田舎町にあるアジア系のレストランはほとんどがベトナム人経営です。

ドイツが東西に分かれていた時代に、旧東ドイツに移民・難民をしてベトナム人が受け入れた経緯があるため、ドイツでのアジア人の移民の歴史はベトナムと深くかかわっています。

ドイツの地元でよく行くベトナム料理屋さんがあり、ランチでいつも注文している「ブンボーフエ」がお気に入りなので、ドイツのベトナム料理と比べてみたくなり、こちらのオーセンティックさんでもブンボーフエを注文しました。

価格は1000円ほどで、友人と2人で生春巻きをシェアしました。生春巻きの価格は忘れました・・・・汗

友人は牛肉のフォー(PHO)を注文し、900円でした。

ブンボーフエとは、

ベトナム中部都市フエ名物の米粉の麺と牛肉を用いた料理。太麺を用いた牛肉ライスヌードルで、庶民に親しまれている。
“ブン”はビーフン、“ボー”は牛を意味し、“フエ風の牛肉汁ビーフン”の意味で、日本で“フエの牛肉麺”或いは“フエの牛肉うどん”と呼ばれることも有る、ライスヌードルの一種。フエは旧南ベトナムと旧北ベトナムの間に位置するベトナム中部の都市で、このブンボーフエは中部ベトナムで代表的な麺となっている。(by Wikipedia)

フォーの平麺とは違い、うどんのような丸麺なのですが、米粉麺のため、つるっとした食感があり、ピリ辛の牛出汁と牛肉の乗ったスープとの相性が抜群で、ピリ辛好きの私にはぴったり!

正直、メニューに「ピリ辛!」と書いてあったのですが、本当に辛かったです!!(笑)
※冷房無い感じだったので、夏に行く場合は要注意!!

ドイツで食べるブンボーフエも、多少はピリ辛なのですが、ドイツ人向けだからなのかマイルドな辛さです。これはこれは私は好きですが、やはりこのオーセンティックさんのは、かなり本格的でした!
まさにオーセンティック!!(笑)

ご主人曰く、ブンボーフエは基本庶民の味の食べ物なので、近年のベトナムでは色々な地域のベトナム人が色々な地域で生活していたり、旅行したりしているので「この味がブンボーフエ!」という決まりが無くなってきている、とのことでした。

「このお店のブンボーフエは、40年程前の現地フエの味を再現しています」とのことでした。

麺はもっちもちで、スープはすごく辛いのですが、ついついほぼ全部飲んでしまうほど美味しかったです!

お勧め:生春巻き、揚げ春巻き、フォー、ブンボーフエ、ベトナム風オムレツ、ヌクマム、蒸し鶏ときゃべつのサラダ(ゴイ・ガー)など
価格:$
雰囲気:★☆☆
サービス:★★☆

【所在地】
東京都台東区浅草1-1-12 浅草地下街
TEL:090-4013-8519

●東京餃子楼 三軒茶屋本店

何度も雑誌に掲載されているこちらの餃子専門店は、メニューも基本的に餃子しかないという餃子好きのための餃子屋さんです。

基本メニューは、
水餃子 にらニンニク入り、または無しと、紫蘇餃子
焼き餃子 にらニンニク入り、または無しと、紫蘇餃子

サイドメニューに、もやし、キャベツ、キュウリがあります。

日程と時間によっては並んでいるのですが、予約はできませんので、並ぶ必要があります。

ちなみに、三軒茶屋近郊には他に何店舗かあり、近年はロンリープラネットガイドに原宿店が掲載されているため、原宿店も外国人観光客で長蛇の列ができているのですが、私はこの三軒茶屋本店をお勧めします。

他の2店舗と原宿でも食べましたが、「本店の味にはかなわない」と言うのが私の結論です。

「いったい何が違うって言うの?!」と質問されるとすごく困るのですが、本店の餃子が一番おいしいと思っています。

こちらはテーブル席も増設され、グループでもゆっくりと食事をすることができます。ビールやチューハイなどの庶民的な飲み物もあり、サイドメニューのキュウリやキャベツをいただき、餃子2人分(12個)とレモンサワーで、もうお腹いっぱいです。

ドイツ人男性若干1名と日本人女子2人の合計3人で、8000円でした。

食べたのは、

・キャベツ(酢漬けのような感じでさっぱりいただけます)
・きゅうりx2(酢味噌がかかっています)
・水餃子にらニンニク無し(3人分)
・辛みそスープ餃子(1人分)
・焼き餃子(紫蘇x1、にらニンニク入りx1)

もちろん、はねうさ夫が飲んだビールの数は数え切れませんので、日本人2人なら、かなりのコスパを発揮するでしょう!

お勧め:水餃子(にらニンニク無し)、紫蘇餃子、キュウリ、キャベツ、焼き餃子(にらニンニク入り)
価格:$
雰囲気:★☆☆
サービス:★★☆

【所在地】
東京都世田谷区太子堂4丁目4−2 ラウスパレス三軒茶屋
TEL:03-5433-2451

日本一時帰国で食べたいものは無限!

80540025_10218208665941559_6774953623995547648_n.jpg

© haneusagi.com

日本へ帰って東京で行きたいレストランは星の数ほどあります。

その中でも、いつも行くようになったお店から初めて行ってお店までご紹介しました。

一時帰国では、ランチとディナーの両方を毎日日替わりで人と会うという結構過酷なスケジュールで、たとえおいしいものでも、やはり外食が続くと疲れも出てきますし、毎日のことなので出費もかなり大きくなります。

今回はドイツに移住してから3回目の日本一時帰国でしたが「あ~~、これも食べたかった」、「ここに行く時間が無かった」などなど心残りなところもありますが、人間そんなに食べれるものでもありませんので、他のお料理は次回の一時帰国まで取っておきたいと思います^^

また、私のピンポイントの指定日時に合わせてくれた友人たちや、遠方からわざわざ東京まで会いに来てくれた友達、地元に住む友達などなど沢山の友人と再会することができて、本当にうれしかったです。

時間の都合で会えなかった人もいますが、それはまた次回のお楽しみとし、ドイツの田舎生活という現実を向き合っていこうと思います。

コメント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
タイトルとURLをコピーしました