初耳の「アデノウイルス」感染症っていったいどんな病気?!

日本生活

こんにちは!はねうさぎです。

毎日ブログを更新することを目標にしていましたが、「アデノウイルス」という強いウイルス性の風邪にやられまして、今日までダウンしてました。

今は頭がまだぼんやりしているので、つぶやきのようにダラダラ書きます。

お時間ある方はお付き合いください。

アデノウイルス感染症って?

正直、この「アデノウイルス」という名前は初めて聞きました。

このウイルスは、便、飛沫、直接接触によって感染するらしいです。

色々な種があるようで、種によって発症する症状が違うようです。

こわいこわい><

アデノウイルスのよくある症状としては、

◯38度以上の高熱
◯結膜炎(目の充血、目ヤニ、異物感など)
◯非常に強い喉のはれや痛み

らしいです。

私の場合は、高熱、ひどい頭痛、尋常ないのどの痛みと腫れ、それと、結膜炎とまでは行って無いと思うのですが、目の奥が異様に痛くて、まぶたが腫れています。

他にも、下痢や胃腸炎、食欲不全など、個人差があるようです。

また、夏風邪と言われている理由として、子供がプールで感染し、感染を拡大させることがあるようです。

もちろん、子供だけでなく、大人もかかるし、夏だけでなく一年中かかるようです。

ドクターからは、「夏風邪と言われているやつです。非常に強い感染力がありますから、会社用に診断書をお出ししましょうか?」と言われました。

熱が下がるまでは外出禁止だそうです・・・・そうは言ってもね。汗

インフルエンザの疑いを受付で伝えたら隔離された待合室に案内された!

私は実はインフルエンザにかかったことがありません。

今回は、いきなり38度6分という高熱がでたので「これは何かちょっとおかしいぞ」と思い、ちょうど土曜日だったので朝いつものクリニックに行きました。

私は小さいころから喉が弱いので、乾燥や温度変化などですぐに喉が痛くなって、そこから風邪に進行してしまうパターンが多かったのです。

なので、今は内科は受診せず、腕の良い医者がいる耳鼻咽喉科を受診しています。

引っ越しをする度に、この「腕の良い」医者がいる耳鼻咽喉科を探し、定着するまでなかなか大変なのです。

いつものクリニックに到着すると、いつも通りたくさんの人が待っていましたが、超混みでもなかったので、1時間まではかからないかな?と思い、受付に向かいました。

受診は久しぶりだったのですが「38度以上の高熱があるインフルエンザの疑いのある方は受付で申しつけください」とプレートがあったので、おもむろに指をさすと、

「はい、こちらどうぞ~!」と奥の扉を開けられ、

「奥の椅子でお待ちくださいね~」

と、通常の待合室と隔離された場所で待たされました!

今までインフルエンザにかかったこともないし、かかっているのでは?という疑いがあったこともないのでこの隔離大作戦にびっくり!

いや、理にかなってるし、頭ではわかってるんですが、若干、気持ち的に寂しかったです・・・。

インフルエンザの検査で出た反応が微妙

名前を呼ばれ、インフルエンザの検査を受けました。

時期的に考えるともうそろそろインフルエンザにかかる人もほとんどいないとのことでしたが検査を希望したのでやってくれました。

鼻の奥に紙のような薄くて細い白い検査薬をつっこまれ、粘液を採取して、待つことおよそ10~15分。

名前を呼ばれました。

(たぶん。隔離室だったのでえらくく長く感じました)

「う~~~~~ん」「ううう~~~~~~~~~む」

とドクターが、渋い顔をしながらうなってます。

げげ!ついに・・・・・?!

と思っていると、

「結果なんですが、ちょっと・・・・・どうかなあと思いまして。微妙なんですよ」

というわけです。

ん??

ドクターが検査紙を見せてくれて、説明してくれました。

「ここに一本線があるのですが、陽性の場合にはこの下にもう一本線が出て、二本になります。いま、この線の下に、と~ってもうっすら線が出ているの見えますか?」

この試験紙は、妊娠検査薬や排卵検査薬をイメージしてもらえたら、女性の場合にはかなりピンとくると思います。

よく見てみると、たしかに、うすーくブルーの線が。

うーーーん。確かに微妙。

でも、妊娠検査薬もそうだけど、この「微妙にうっすら」っていうのは陽性じゃない場合がほとんどなので、「インフルエンザじゃないと思います!」とあくまで認めずw

「私、一度もインフルエンザになったことないんですよ」

と、ドクターに伝えると、

「そういう事じゃないと思うんですけどね」と言われた・・・。

そうなんだけど、言いたいのは、今までかかったことが無いから、今回のは「何だか分かんないけど超やばいのにかかっちゃってるかも!?という体調では無いな」というのを自分で感じた、といった理由からです。

まあ、自己判断はもちろん良く無いのでしょうけど、自分の体は自分がよくわかるでしょう?!

結局、ドクターは、インフルエンザという診断はせず、

「実は、こういった反応が出るウイルスがあるんですよ。アデノウイルスなんですが。」

と、説明してくれました。

私が目の奥が痛いというと、「この病気、目に来るんです」とのことでアデノウイルスだろうという診断になりました。

マジで今も目が腫れていてイタイ。

明日はリモート勤務決定

結局週末まるまる、薬を飲んで寝て、ベッドの中でテレビ見ながらゴロゴロ・・・という安静状態にもかかわらず、なかなか熱が下がらない。

確かに、このウイルス、しつこそうだ。

今朝は37度台をうろうろしていたので、会社を欠勤。

夕方ボスと話すと、「うつされたられたら嫌だから、明日も休んで」と言われ(いやーーー><有給足りなくなっちゃうからやめてーー)と思っていたら、

「明日はリモートでやりましょう」と言うことになりました。

よって、明日は自宅勤務となりそうです。

また、もう少し元気になったら復活します!

コメント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
タイトルとURLをコピーしました