日本からドイツへ!引越しにドキドキわくわく

日本生活

こんにちは!はねうさぎです。

今年も3月に突入しました。

ついこの間まで、2017年になったばかりだなあと思っていたら、もう3月とは!早いものです。

私は今年の1月に入籍しまして、現在働いている会社の契約は6月末まで、そのあとはドイツに移住する事が決まっています。

まだまだ先の話だ~、と思っていたのに、もう3月。

あと4ヶ月ありますが、そろそろ引越しやら何やら、考えなければいけないと思い、一人で焦り始めました。

海外移住、不安とワクワク

私が海外に移住するのはこれで2回目です。

1回目は、アメリカ東海岸へ、そして今回はドイツへ移住します。

アメリカへ行ったときは、もう日本に戻ってこないつもりで移住しましたが、結果、帰国することになりました。

でも、今回は、下手したらドイツに骨をうずめるかも・・・?!くらいの覚悟が必要な気がしています。

何せ、結婚しちゃいましたからねえ。。。

ですので、ドキドキとワクワクが入り混じった複雑な心境なのです。

おまけに、英語圏ならまだしも、ドイツだし。

私の好きなベルリンならまだしも、南~中央ドイツだし!(苦笑)

移住先は、のんびりしていて良い町だとは思うのですが、東京に染まりきった私には、そこで生活している自分が想像できません。

そして、大いに威張れないのですが、ドイツ語がまったくできません!苦笑

海外への引越しに関して、色々検索してみると、たくさんの方々が、クロネコヤマトの海外引越しサービスが安心、とのコメントをしておりますが、見積り暫定をWEBサイト上でしてみると、そんなに費用かけられないよ!

というのが正直なところ。引越し費用はできるだけ削減したいので、郵便の船便なども検討中。

実際に、何を持っていくのか?と考えてみると、家電や家具などは現地で買えるし、そもそも電気製品は日本とは規格が違うので、現地調達で問題ないのですが、洋服や靴、本でしょうか。個人的には、海外仕様のホットプレートを買ってもって行きたいと考えています。

自宅で焼き肉やお好み焼きができたら楽しいですよね

歳をとると、何でもかんでももって行きたくなる気持ちを実感しています・・・・だって、アメリカへ移住したときは、スーツケース1つと郵送のダンボール1つだけを持っていったので、ある意味、怖いもの知らずというのは生活しやすいのかもしれません。

アメリカに住んでいたときに、アメリカ人との結婚を期に移住してきた、という日本人と知り合いましたが、彼女はかなりハードコアで、郵便でダンボールを4箱送っただけ、といっていたのを覚えています。

果たして今の自分に4箱移住ができるかどうか、検討が必要です。

仮に10箱を郵便で送ったとしても、重量と大きさによってはかなり費用削減になるのではないかと思っています。

本は早めに送ってしまっても良さそうだし、早めに計画をするのが良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました