【我が家deごはん】鯛のハーブオーブン焼きを作ってみよう

我が家deごはん

こんにちは!はねうさぎです。

ドイツのお魚事情は、日本とは違いますが、比較的手に入りやすい魚もあるのは事実です。

個人的には、川魚より海の魚の方が好きなので、ドイツで手ごろな価格で手に入る淡水魚よりかは、海水魚を買いたいのが本音。

今回は、下準備以外はオーブンに入れてほったらかしなのに、おいしくいただける「鯛のハーブオーブン焼き」をご紹介します。
photo: laimdota

【ドイツのお魚事情】日本よりおいしい魚はこれだ!

地中海産の鯛をオーブンで調理するだけ!

fresh-raw-fish-dorado_70626-5415.jpg
photo: myfoodie
ドイツで販売されている鯛は、「Dorade Royal」とか「Goldbrasse」とか書いてあり、お魚の形もお顔も鯛そのものなので、「きっとこれは鯛だ!」とわかると思います。

ただ、日本の赤い色をした鯛とは少し違って、ヘダイに似ています。

地中海で獲れるものらしく、色は黒っぽいというかグレーっぽいという色で、銀色のうろこで覆われています。

「ヨーロッパヘダイ」とも言うらしい。

先日、近所のスーパーに行ったら、いつもより大きめで新鮮そうな、プリッとしたこのDorade(ドラーデ)を見かけたので、価格を確認したら「今日入荷したばかりだから新鮮だし、特売価格よ!(1kg=12ユーロ)」と言われたので、大きめのものを1匹買いました。

500gちょっとの大きさだったので、7ユーロ弱でした。

鯛のハーブオーブン焼きの準備

herbs-2523119_1280.jpg
【鯛のうろこを落とす】
販売されている状態は、地域やお店によって違うと思いますが、私が購入したスーパーでは、背びれと、腹わたなどの内臓はカットされていました。
ただし、うろこはついていたので、調理前にうろこをさっと落としました。
出刃包丁があればよいのですが、持っていないので、包丁を少し立てる感じで、尾から頭に向かってうろこの流れに逆らう感じで軽く手を動かすと、うろこが取れます。
もっと簡単なのは、スプーンを使って、これまた同様に、尾から頭に向かってうろこを逆立てながらこすると簡単に取れますよ。
この魚は、あまりうろこが固く無かったので、もしかしたらドイツ人はうろこがついたままで調理するのかもしれません。謎
【内臓部分を水で洗う】
内臓部分は、処理されているとはいえ、日本の鮮魚コーナーのようにきれいに処理されているわけでもなく「ざっくり落としました」的な感じなので、念のため、処理された部分を水か塩水で洗ってきれいにします。
魚を洗った後は、キッチンペーパーで水分をしっかりと取っておきましょう。
【詰め物を準備する】
オーブンで焼く前に、鯛のお腹部分につめるハーブを準備します。
詰め物に使うハーブは、乾燥のものではなく、必ずフレッシュハーブを使用しましょう。
●にんにく
●レモン
●ローズマリー
●タイム
●フェンネル
等の詰め物がオススメです。

今回、私は、ニンニクとレモン、ローズマリーを詰めることにしました。
もちろん、ローズマリー+タイム等、ハーブを数種類組み合わせても良いです。
【火が通りやすいように切れ目を入れる】
鯛の裏になる部分に、一直線に隠し包丁を入れ、表になる部分には、十字(カタカナのメのようなイメージ)に包丁で少し切れ目を入れておきます。
隠し包丁、飾り包丁ですので、切りすぎに注意しましょう!

鯛のオーブン焼きを作ってみよう

IMG_6444.JPG
@haneusagi.com
写真は、出来上がったものです^^
【材料:2人分】
○ヨーロッパ鯛(Dorade)小ぶり×2匹、または大き目1匹:500~600g
○レモン
○にんにく 2かけ
○ローズマリー 適量
○塩コショウ 適宜
○あらびきチリパウダー 適宜(なくてもOK)
○ケイパー(飾り用:なくてもOK)
○ポロネギ(付け合わせ用)
【作り方】
1. 耐熱用の容器にオリーブオイルを塗る
2. オーブンを10分ほど温めておく
3. ニンニク2かけは潰しておく(皮をむいたニンニクの上に包丁を並行に置き、手で包丁の上からたたくと簡単に潰れます)
4. レモンをお好みの形にカットする(スライス、くし型等、お腹にフィットすることを考慮する)
5. ポロネギを4~5センチ幅ほどに切る
6. 鯛のお腹に、塩コショウをし、レモン、ニンニク、ローズマリーを詰める
7. 詰め物をした鯛を耐熱容器に配置し、容器の空いているスペースにポロネギを入れる
8. 鯛の表面に、しっかり目に塩コショウし、あらびきチリパウダーをふる(魚の大きさによって塩分を調節してください)
9. 乾燥を防止するため、鯛の表面、ポロネギの表面に少しオリーブオイルを塗る
10.200度のオーブンで、25~30分ほどグリルして出来上がり。魚の上にケイパーをあしらいます。
※途中でポロネギをひっくり返すと、より良いですが、ひっくり返さなくても大丈夫です。
※一緒にグリルする付け合わせは、茹でたジャガイモ、トマト、きのこ等でもおいしく出来上がります。
※頭を切り落として、一度焼いてから、ご飯と一緒に炊きこんでもおいしいです。
鯛が白ワインに合うのは百も承知だと思いますが、ポロネギのグリルもとっても白ワインと合うので、ぜひ、このお食事と一緒にドイツ産の白ワインをマリアージュしてみてくださいね^^
ローズマリーの香りが、鯛の風味とよく合って、とってもおいしい一品です????
オーブンに入れて放置するだけで、とってもおいしい一品になりますので、簡単でオススメです!

コメント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
タイトルとURLをコピーしました