英語を話せるようになりたい!その一心で私が試した3つのこと

[英語] Listening & Speaking
スポンサーリンク

こんにちは!はねうさぎです。

英語の読み書きは得意、または何とかなるけど、話せない・・・と言う方は多いのではないでしょうか。

英会話に特化した勉強法

個人的には、英語を読める人ならば話すことができる、と考えています。

ただ、一般的には日本人は読み書きが得意、と言われているかと思うのですが、私が思う日本人の英語のインプット量は、本人が思うより断然少ない場合が多いので、今日は誰でも簡単にできてしまう「はねうさぎ式!会話に特化した英語勉強法」をお伝えしようと思います。

>>あわせて読む

勉強、というとかなりモチベーションが上がりませんので、気楽に練習できる方法、くらいに思っていただければと思います。

ただし、注意点は、会話やスピーキングというものは数日や数週間、ましてや1~2ヶ月でできるようになるものではありません。

ですから、長期的にみて、自分に負担にならないような方法を見つけることが重要です。

時には疲れたり、飽きたり、嫌になったりする事もあるでしょう。その時は、少しだけ休憩して、また再開すればよいのです。

一番やってはいけないことは、練習を永遠にやめてしまうことです。とにかく継続すること!

では、何をやるか早速参考にしてみてくださいね!

はねうさぎのオススメ1:ラジオ講座を活用

「NHKラジオ英会話」講座を聞きながら、自分も真似して言ってみる。

中学生向けの「基礎英語1、2、3」もオススメです。なぜ中学生講座?もうそんな歳じゃないよ!と思う方がいらっしゃることでしょう。

NHKのラジオ講座は、無料なだけでなく、時間も短い。

忙しい社会人には適しています。

最近は会話構成も面白いものになってきています。

また、会話のスピードが速すぎず、発音もクリアーですので、頑張ってシャドーイングができるスピードだと思います。

中学生向けの「基礎英語1、2、3」は、レベルも3段階あり、自分のレベルにあわせてラジオ講座を聞くことができるのも良いです。

また、注意事項として、ラジオ講座を聞く場合は、テキストは買わないでください。

なぜなら、あくまでも「耳を鍛え」「自分の口から英語を発する」ことに注力したいからです。

意味がわからなくても、真似していってみてください。口を英語に慣れさせるのには良いです。

英会話で重要なことは、アウトプットしている人間は自分である、ということです。

つまり、自分が知らない単語はいくら話そうと思っても口から出てきませんし、発音の仕方がわからなかったり、その単語を文中でどのように使えばいいかわからなければ、文章にする事ができない=会話できない、ということになります。

これは英語に限らず日本語でもそうだと思うので、納得いただけるかと思います。

なので、中学校レベルの会話はちょうどいいのです。

英会話上達のポイントの一つは、自分のレベルよりも少し低め、遅めの会話を聞き、それを口に出してみて同じようにいえるようになるまで繰り返すことです。

頭の中で繰り返してはいけません。

必ず声に出して、ネイティブの真似してしゃべってみてください。

これが不思議なことに、頭では完全に理解できていても、いざ口に出してみるとスピードについていけなかったり、抑揚がおかしかったりして、ラジオと同じように話すことができないのです。

これは、おそらく、日本語のニュースを見ながら、キャスターと同じように話せないのと一緒です。

ですから、とにかく口に出し、真似してみる!

一人暮らしの方は思いっきり会話の主人公になりきって抑揚からトーンからスピードから声の高さまで真似してみてください。

1人なら誰も聞いてません、楽しいですよ。

ちなみに、今は、ウェブサイトを見ると、オンラインでストリーミングや発音練習などの機能もあるようで、使い方次第では色々なことができそうです。

インターネットって素晴らしい!

○NHKゴガク
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/kaiwa/

はねうさぎのオススメ2:映画を活用する

好きな映画を3回観ることです。(ハリウッド映画がわかりやすくてお勧め)

な~んだ、映画観るだけでいいの?と思った方、観るだけではもちろんダメです。

同じ映画を3回観ます。

1回目は日本語吹き替えでみます。

2回目は字幕無しの英語のみで観ます。

そして3回目は日本語字幕付きで英語でみます。

3回目に見る時は、ラジオのときと一緒で、好きなフレーズや、真似して言ってみたいな!と思うシーンのセリフを自分も声に出していってみるのです。

DVDやブルーレイなら、一時停止して何度もセリフをききなおして言うことができますね。

この方法の良いところは、1回目に日本語で映画を観ることで、ストーリーを把握できているので、2回目に字幕無しで見ても大体何を言っているかリンクさせることができるところです。

日本語ではあーいうふうに言ってたけど、英語ではこんな風に聞こえるな?くらいの感じで良いのです。

逆に、日本語ではあーいってたけど、英語ではこんな風に言ってたんだ、という発見にもなります。

そして最後は自分が映画の中にいるかのようにセリフを言ってみてください。

外国人の彼女や彼氏がいる方は、恋愛映画でセリフを練習してもよし、友達を笑わせたい方は、コメディーで気の聞いたジョークを練習してもよし、です。

たまに、スラングを知りたい、という方がいるのですが、個人的にはスラングは始めに覚えなくても良いと思います。

どうしても興味があるなら、そういった映画を観るのは良いと思うのですが、知ったからと言って、使って良いわけではありません

日本人はここを勘違いしている方が多いので、スラングの使用には細心の注意が必要であることを必ず覚えて置いてください。

余談になりますが、私は仕事で問い合わせ電話を受けたときに、私の対応に不満を持った電話口の男性から英語のF Wordを連発されたことがあります。

はい、日本人男性でした・・・驚愕しました。

発音の感じから帰国子女とかそういうのでもなさそうでした。

本人はカッコイイと思っているのかもしれませんが、このような方は自分の格を落としているとしか言いようがありませんから、皆さんも気をつけましょう。

話を戻します。

同じ映画を3回も観れない、観たくない、と言う方は、字幕付きの映画を1回だけ観て、(可能であれば字幕無しの映画)その後ノートに、映画のタイトル、出演者、監督、ストーリーの概要、自分の感想文を英語で書けるだけ書いて、それをネイティブの前でプレゼンテーションする練習をすると良いです。

私は個人でレッスンしてくれたアメリカ人の先生にその手法を試していました。

カフェで会ってプレゼンするのですが、声が小さい!発音がダメ!と、めちゃくちゃ厳しかったですが、とても良い勉強になりました。

はねうさぎのオススメ3:日本在住でも日本人同士で会話することですぐに実践

日本人同士でもいいので英語をしゃべる!!

は?と思った方がいらっしゃるでしょう。

でも、これ、意外と効果的なのです。

私はボストンに住んでいたとき、現地で友達になった日本人とこのルールを作り、2人でいるときでも英語を話すようにしていました。

現地で知り合った英語の先生も、日本人同士でも(つまり相手がネイティブでなくても)、効果がある、とおっしゃっていました。

それを聞いた私は、当時夜の9時以降になると通話料がUnlimited(基本通話料の範囲内で無限に通話できるプラン)になる携帯電話の契約をしていたので、知り合った韓国人の男の子と毎日電話してました。(後に、この行為が相手にとある男女関係の誤解を招くのですが・・・英語の練習がしたいから!とはっきり言ったんだけどなw)

たとえネイティブでなくても、覚えている単語の数、言い回し、言葉の使い方などはその人の個性がでます。

相手が自分より英語のレベルが高ければ、自分の知らない単語を使って会話してくる場合もありますし、簡単な言葉だけでもうまく会話をする人もいます。

私の場合は、日本人以外の友達を話すことで、日本人特有の発音では相手に伝わりにくかったり、相手の苦手な発音などを知ることができ、お互いに教えあったりする事ができたのがとても良かったです。

今となっては、英語は世界語といっても過言ではありません

私は、アメリカ英語のサウンドがすごく好きで、アメリカ英語を徹底的に勉強しましたが、もちろん、北米以外でもイギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、インドなどなど様々な地域で様々な英語が話されており、グローバル化によって、色々な国の人間が同じ会社で働いている企業環境も多くなってきました。

だから、「ジャパングリッシュ」があっても全然いいし、それが普通です。

まずは、言葉にしてみる、話してみる、声に出してみる、というところからはじめることが大切で、自分の言ったことが相手に伝わるかどうか、ということが一番重要なのだと思います。

とにかくやってみよう

「とにかく英語を話せるようになりたい!」と思った私の3つのお勧め練習法、いかがでしたか?

自分にとって「これならできそう」、「それ試してみようかな」と思うことがあれば、ぜひ実践してみてください。

語学習得に近道はありません。

継続して行うことで、自分の変化を感じられると思いますよ!

お試しあれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました