TOEICリスニングセクション攻略のカギ(パート1編)

[英語] TOEIC
スポンサーリンク

こんにちは!はねうさぎです。

私が最も得意としていた、TOEICリスニングセクションの勉強方や攻略の秘訣を少しずつ書いていこうと思います。

私は、ある時にリスニングパートを全問正解してから、その後ずっとリスニングパートで満点をキープしていました。

私のブログで書いていく英語勉強法はあくまでも私の経験上でのやり方やアドバイスですので、必ずできるようになる!と保障するものではないですが、かなり有効なリスニング上達の方法だと思いますので、気軽に勉強方に取り入れてみてくださいね!

ライザップイングリッシュ

リスニングのパート1について

リスニング問題のパート1は、リスニング問題の中でも一番簡単な問題です。

写真描写問題が6問です。

大昔は10問あったのですが、少しぼ~っとしていると一瞬聞き逃すこともあり、集中力マックスで臨む必要のあるパートでしたね。

まあ、パート1でぼ~とする私も私なのですが、他の問題全問正解で、パート1だけ間違えたこともあるので、簡単だからと油断大敵です!

油断大敵の理由は、流れるアナウンス(センテンス)がすごく短い場合もあったり、ちょっとした引っ掛けがあったりするからです

説明文は印刷されておらず、写真だけをみて、アナウンスに対しての正しい解答を選択する、という問題です。

このパートの勉強方でオススメなのは、色々な写真、または普通に道を歩いているときでも良いのですが、ある情景を無理やり英語のセンテンスで作ってみる、ということです。

英文自作です。

車が止っている、パソコンや機械をいじってる(使用している)人がいる、パン屋さんに色々なパンが並んでいる。。。など。

まじめすぎるとつまらないので、「電車の中で酔っ払いが寝ている」等でも良いですよ!笑

このパートの勉強法でも、公式問題集や過去問が役に立つので、色んな写真とアナウンス、選択肢を叩き込んで学習すると良いと思います。

また、パート1では、似たような音の単語を含むセンテンスの読み上げが選択肢であったりして、全然意味違うじゃん!なんてのもあるのですが、英語の音に不慣れな初級者の場合には、きちんと音が聞き取れていないことが多いので、間違った選択肢を選んでしまうことになると思います。

音の違いをどうやって聞き分けるのか?

世の中でよく言われる「英語耳」に少しでも近づけるためにも、短い文章の繰り返しになっているようなものでいいので、CDやポッドキャストを通勤時間に聞くなど、英語をできるだけ毎日聞く週間をつけましょう。

初級の方にはDUOの基礎編が良いかと思いますが、お勧めは、DUOの復習編をひたすら聞き続けること。

DUO復習編では、ネイティブスピードで全てのフレーズを連続的に読み上げるので、リスニングオタクの私には良い教材でした。

また、フレーズの中で単語が使用されることで、はっきりと意味がわからない単語が使用されても、大枠の文章の意味をつかむことができます。

DUO 3.0 / CD復習用 -
DUO 3.0 / CD復習用 –

また、私は、洋楽やニュースに興味があったので、アメリカ軍の基地から発信されているラジオ局のAFNを流しっぱなしにしてました。

朝起きてすぐにAFN、週末もAFNを聞く、通勤では必ず英語CDを聞く・・・と、いう風に、英語のリズムや音に慣れるだけでも違うともいます

余談ですが、AFNはアメリカのベースキャンプで暮らす方々に対しての放送のため、若干洗脳系のコマーシャルやニュースが放送されます。その辺は、そんな文化もあるんだな~と、気にしないように!

話を戻しますと、問題の選択肢がわからなかったり、悩んだときには、「消去法」というのもアリです!

個人的には、消去法はパート2でも威力を発揮すると思っているので、「明らかに違う!」と思うものは悩みの種からすぐにはずしてしまいましょう。

TOEICはマークシート式なので、必ずどれか1つを選択すればよいのも受験者にはありがたいですね^^

個人的にTOEICリスニングパートの好きなところは、時間が決まっていること。

TOEICのリスニングパートは全体で45分です。(たまに、46分のテストにはみ出る回もあります)

その間に100問を回答するというパートなのですが、アナウンスが流れている間は、必ず回答するわけですから気が楽です。

他のパートについても次回以降、書いていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました