弾丸ニューヨークにオススメの安宿とニューアーク空港までの行き方

North America

こんにちは!はねうさぎです。

先日ニューヨークへ行っていたことを書きました。

実際には、用事で行ったのはボストンだったのですが、フライトはボストン入り、そしてボストンからニューヨークまで移動して、ニューヨークからドイツまで戻るというスケジュールでした。

そういった事情もあり、ニューヨークはたったの2泊と超弾丸のプラン。

それなら安宿で寝るだけでいいやと思い、さらに今回初めて使った「ニューアーク国際空港」も悪くなかったので、マンハッタンからニューアーク国際空港までの行き方をお伝えします。

ニューヨークの物価が上がっている?!

woman-1169324_1280.jpg

私が最後にニューヨークへ行ったのは、約4年前。

いつもニューヨークへ行くときは、友人の家のソファーを借りたり、安いユースホステルに宿泊する等していたのですが、この4年前は、はねうさ夫と一緒だったので、アパートメント式のホテルに宿泊しました。

ニューヨークは、いつでも高いイメージですし、実際に物価は高いと思います。

しかし、今回、かな~り昔泊まったユースホステルを探してみましたが、インターネットに表示されない・・・

価格が上がってしまったのか?!つぶれたのか?!と想像しながら、安宿を検索していました。

※実際に、街を歩いてみてわかったのですが、このホステルに使われていたビルが取り壊されており、再建中でした。

たったの2泊ですので、どうしてもマンハッタンに泊まりたかった・・・時間があるなら、ブルックリンやウィリアムズバーグに泊まっても良かったのですが、帰りのフライトが、初めて使用するニューアーク空港だったこともあり、「やはりマンハッタンに泊まるのは譲れない!」と思い、調べてみますが、どこも高すぎて手が出ない状態でした。

以前なら、一泊20ドルとか普通にあったのに・・・・。

事実、「マーサー 『2019年世界生計費調査‐都市ランキング』」によると、ニューヨークの物価は上がっているんですね。

朝食に、コンビニカフェのような場所で買った、フルーツヨーグルトカップは約7ドル!だったり、場所にもよりますが、ランチは安くて11ドル~等と、マンハッタンを観光・移動となると、以前よりも物価がかなり上昇していることに驚きました。

以前ならば、東京で働いていたこともあり、さほどニューヨークの物価には驚かなかったのですが、現在は「ヨーロッパで一番スーパーでの物品販売価格が安い」と言われているドイツに住んでいるため、すべてが割高に感じてしまいました。

十分なお金は持っていったものの、お金がすぐになくなってしまう財布に愕然としました。

もちろん、クレジットカードも使いましたが、ドイツの田舎で主婦暮らしの自分には、かなり久しぶりの出費でした。

ご利用は計画的に!!

マンハッタンでオススメの安宿

IMG_E7956.JPG

© haneusagi.com

色々調べた結果、便利なミッドタウン周辺に宿泊したいと思い、Airbnbで見つけたグランドセントラル駅近くの宿を予約することにしました。
www.airbnb.jp/

こちらを選んだ理由は大きく3つあります。

1. ボストンから到着するバスの停留所から東に向かって歩くだけで到着できるので、わかりやすい(徒歩約25分)

2. 帰りのニューアーク空港まで行く電車が、ペン駅から出ているという情報だったので、ペン駅まで近い

3. グランドセントラル駅まで徒歩5分程なので、ニューヨーク観光が便利

清掃代や手数料を入れると、1泊約6000円ほどだったので、私はこの宿を2泊予約しました。

偶然なのですが、ホストが日本の方で、お名前が「Mizue」さんと言う方でした。

ミッドタウンには、他にもいくつかシェルームの宿を提供しているホストがいますが、言葉に不安があったり、ニューヨークが初めてで、いろいろ情報収集したい等の方は、このホストさんがオススメです。

ただし、Mizueさんのお部屋はとっても古いです。典型的なマンハッタンの家、って感じです。

大きなリビングルームに、シングルベッドが2台並んでいて、仕切りも無いので、他の知らない人とシェアになります。

私は、これまた偶然、日本から1週間旅行に来ているという若い女性とシェアでした。

ただ、私には運よく?!その方が台風で飛行機が飛ばなかったということで、1泊目は私一人でしたので、気を遣わずに済んでよかったです。

バスルームも、Mizueさんと他の方とシェアになります。

ヨーロッパでは良くあるのですが、男女MIXのシェアルームのようなので、シェアルームの別ベッドが異性ということもあるかもしれません。

気になる方は問い合わせをするか、ホテルまたは同性だけの部屋があるホステルに宿泊しましょう。

「好立地、寝れるベッドがある、シャワーが使える、Wifiが使える」

この4つがあればいいや~と言う方は、こちらで充分です。ベッドが2つ空いていれば、友人とシェアでもよさそう。

Mizueさんのアパートの良いところは、とにかく立地です。

グランドセントラル駅近くの41streetにある日本のミニマートのようなお店も近いので、おにぎりを買って食べたりすることもできます。

日本からニューヨークに行く方は、わざわざニューヨークに行ってまでおにぎりを食べたいと思わないかもしれませんが、他のカフェやレストランに比べると、朝食やランチにおにぎりを買って食べれば、節約にもなり、私は良いと思います。

彼女は淡々としていて何も交渉もせず、あまりホストと顔を合わせたくない人には良いかもしれません。

私は、個人的には他の人とお話ししたいので、話しかけたり質問したりしちゃいましたが・・・(笑)

Mizueさんのお部屋にかぎらず、Airbnbで、自分の条件に合いそうなホストさんを探してみてもいいと思います。

今まで、いくつか使ってみたAirbnbは、イマイチいい思い出が無かったのですが、「弾丸2泊なら、これでいいかー!なんといってもコスパが良いし!」と、納得しました。

>>あわせて読む

マンハッタンからニューアーク空港までの行き方

IMG_E7964.JPG

© haneusagi.com

ニューヨークには、3つの空港があります。

●JFK(ジョンエフケネディ)国際空港(JFK)
●ラガーディア空港(LGA)
●ニューアーク国際空港(EWR)

おそらくほとんどの方が、日本からニューヨークへ飛んだ場合、JFK国際空港またはニューアーク国際空港を利用するのではないでしょうか。

実は、ニューアーク国際空港は、ニューヨーク州ではなく、厳密にはお隣のニュージャージー州に位置しています。

マンハッタンからは、JFK空港よりも距離が近く、ラガーディア空港に比べて移動が楽なのではないかと思います。

一番マンハッタンから近いラガーディア空港は、アメリカ国内線が主に乗り入れしているので、乗り継ぎ便を利用しない限りは、なかなかこの空港を利用することも無いことでしょう。

さて、このニューアーク空港へ行く電車が、マンハッタンのペン駅(Penn Station)から出ているという事で、こちらを利用する予定でした。

ネットで調べたところ、エアトレインは、片道13ドルとのこと。

でも、結局、地下鉄やタクシーを使ったら、それにプラスアルファー料金になります。

ミッドタウンの東側からペン駅まではタクシーか、Uberか徒歩になると思うのですが、少しでも節約し、確実にペン駅に到着するためには結構時間に余裕を見た方が良いなあということと、ペン駅に行ってから、切符を買って乗り場を探すのに時間がかかりそう・・・(ペン駅は大きいので)、さらに、重い荷物をもって移動するのはどうだろう?と不安になりました。

ところが、AirbnbのMizueさんに質問したところ、バスがあるというのです。

ニューアーク空港まで17ドルで直行

IMG_8058.JPG

© haneusagi.com

レキシントンアベニューとパークアベニューの間、「E 41 street」に、「片桐」という日本のお店があり、その近くに、ニューアーク国際空港行のバスが出ています。

その名も「Newark Airport Express」。

グランドセントラル駅のバス停からは、片道17ドルでした。

チケットはインターネットからも予約できますが、私はスマホしかもっていなくて、チマチマ画面で見て購入するのが面倒くさかったので、直接チケットを買うことにしました。

バス停の前のコンビニのようなお店のレジで、直接チケットを買うことができます。

お店のお兄ちゃんはインド系で、とってもフレンドリーでした^^

お店の前に看板が出ていますので、すぐにわかると思います!

IMG_8027.JPG

© haneusagi.com

IMG_8026.JPG

© haneusagi.com

看板はこんな感じです。

Mizueさんの家を出て、このお店に直行し、バスのチケットを購入してから、残りの時間の観光を楽しみました。

荷物は、お部屋に置いておいてよいと言われたので、観光の後荷物を取りに行き、バス停まで徒歩で数分。

とても便利でした!

バスの良いところは、地下鉄のように階段を使わなくていいところ、一度乗ったら空港まで連れて行ってくれるところです!

この「Newark Airport Express」バスだと、このグランドセントラル駅のバス停から約40分ほどで空港へ到着します。(ラッシュアワーの時間帯は渋滞も考えられるので、もう少し時間に余裕を見ましょう)

途中、625 8th Aveにある、ポート・オーソリティ・バスターミナル(Port authority)に停留したので、マンハッタンの西側から出発したい方は、このポート・オーソリティ・バスターミナルから、ニューアーク空港までのバスに乗ることもできます。

もちろん、お金に余裕がある方はタクシーやUberでもいいと思いますが、こちらも渋滞に巻き込まれる可能性がありますので、時間には余裕をみて出発しましょう。

めちゃくちゃモダンなニューアーク国際空港

70328420_238983720355075_3924776595809632256_n.jpg

© haneusagi.com

ニューアーク国際空港のターミナルCは、ユナイテッド航空専用のターミナルで、ユナイテッドは、このニューアークをハブ空港のひとつとしています。

ちょうど私のフライトが、9月11日だったこともあり、ターミナル内には、9/11のニューヨークのテロでハイジャックされ、亡くなったパイロットや乗務員の方々の追悼展示が行われていました。

そうそう、あのテロにはユナイテッドの飛行機がハイジャックされたんでしたよね・・・頭では記憶していても、目の当たりにするとなんだかグッとくるものがありました。

その乗務員の経歴やどんな人物だったか、家族構成は・・・などなど、ストーリーを読んで、とても悲しくなりました。

IMG_8062.JPG

© haneusagi.com

悲しんでばかりもいられないので、空港内のショップやレストランを徘徊し、チェックすることに。(切り替え早!)

他のターミナルは不明ですが、このターミナルCには、全ての場所にタブレットが配置されていました。

例えば、バーやレストランに行って、席に着くと、目の前にタブレットがあり、このタブレットで飲み物や食べ物を注文することができ、タブレットの横にあるカードリーダーにクレジットカードをスワイプすると、決済が完了できるという超モダン、ハイテクなシロモノでした。

タブレットでは、CNNなどのニュースを読むこともできますし、ユナイテッドのマイレージ会員の場合には、マイレージで決済することもできます。

私がバーに座ると、すぐにバーのお兄さんが横にやってきて「このシステムを使うのは初めてですか?わからないことがあれば言ってくださいね!」と、フレンドリーにやってきました。

いや~、ドイツでは絶対にない、この素敵なサービス!!(笑)

日本だと、お寿司屋さんや居酒屋によっては、テーブルにあるタブレットで注文できるところはありますが、ここまですべて設計されているのがスゴイ!

確かにこれなら、言葉に自信がない人でもタブレットで好きなものを注文し、その国の通貨を十分に持ち合わせていなくても、クレジットカードでその場で決済することができます。

ちなみに、チップは「15%、18%、20%・・・」などと選ぶことができました。

「ゼロ」は無いのね~苦笑

私は、ビール一杯だけだったので、チップは15%としましたw

「ニューアーク空港、悪くないじゃない?!」と思いながら、ドイツへ出発。

またいつものヨーロッパ生活に戻りました。

弾丸とはいえ、やはりニューヨークはいつ言ってもエキサイティングな場所。

またいつか立ち寄りたいです。

>>あわせて読む

コメント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
タイトルとURLをコピーしました