ベトナムの世界遺産、神秘的なハロン湾クルーズを楽しもう!

Asia/ Pacific

こんにちは!はねうさぎです。

ハノイは街歩きも楽しいですが、ハノイからちょっと足を延ばすと様々な観光名所へいくことができます。

1994年に世界遺産に登録されたハロン湾もその一つ。

ハロン湾は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾でクアンニン省のハロン市の南に位置し、大小3,000もの奇岩、島々が存在しています。中国がベトナムに侵攻してきた時に龍の親子が現れて敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったという伝説が伝えられています。

(by Wikipedia)

伝説になるほど神秘的なハロン湾。

行ってみて納得でした!

今日はハロン湾での1泊2日のクルーズツアーに女一人で参加した私の体験をご紹介します。

>>あわせて読む

ハロン湾へは日帰りするかクルーズ船に宿泊するか

行く前にいろいろ調べた結果、ハノイからはバスで3時間半~4時間ほどかかるということで、日帰りではハロン湾の良さを楽しめないのではないかと考え、1泊2日のクルーズツアーに申し込みました。

クルーズ船に宿泊すると、湾の奥の方まで行けるとのことと、もし天気が悪かったら、2日間あったほうがチャンスが広がるかも?と思ったのも理由の一つです。

実際に1泊2日のツアーで正解でした。

個人的には2泊3日でも良かったかも・・・と思ったのですが、どうやら船上の氷にやられたらしく、ツアー後半は若干の頭痛と腹痛がありましたが、何とか持ちこたえました。

ベトナムのインフラは目まぐるしく良くなっているとは聞いていますが、必ず日本から薬を持っていくことをお勧めします!

現地の水、氷は絶対に口にしないように気を付けましょう。

そして、どうしても時間が無い、節約したい!という方は日帰りで挑戦してもいいかもしれませんが、個人的にはクルーズ船での1泊は思い出深いものとなりましたので、日帰りよりかは宿泊をお勧めします。

どのツアーに申し込むか?私はシンカフェを使いました

日本のツアー会社が用意しているものから現地ツアーまで様々ですが、私はいつものようにShin tourist(昔のシンカフェ)から申し込みました。

「松・竹・梅」的な感じで、超バジェットツアーからお部屋や食事がグレードアップしているスーペリアツアーまで様々なツアーがあります。

クルーズ船の仕様によって価格が異なるようです。

一人旅でほぼバックパッカー並みのはねうさぎは、もちろん一番安いクルーズツアーを予約しました。

ホームページでは、シーズンなどにより内容や価格が変更するかもしれませんが、2017年4月時点で3,209,000 VND~の1泊2日のクルーズを予約できます。

◯The Shin Tourist (Ha Long Bay tourのページ)
https://www.thesinhtourist.vn/landscapes/hl/1/ha-long

いよいよツアー開始!気になるツアー内容は?

©haneusagi.com

いよいよツアー当日。

残念ながら朝からあいにくの雨交じりの曇り空・・・。

ホテルまでミニバンが迎えに来てくれました。(事前にホテルのスタッフにツアー会社とスケジュールを伝えておいて、現地人同士で確認してもらったほうが安心です)

ツアーに申し込んだ方々を順々にピクアップしていきます。

そして最終的に大きな観光バスに乗り込みました。

正午ごろにクルーズ船に乗るまで、途中でお土産屋さんのような休憩所に立ち寄りました。

そこでは、洋服やアクセサリー、置物などの通常のお土産はもちろんのこと、ベトナム戦争によって手足を無くした方や障害のある方が作った作品などが販売されていました。

私はここで、ターコイズブルーにピンクの花柄が描かれたシルクのキャミソールとショートパンツを購入。

お土産にするつもりでしたが、クルーズ船の宴会(?!)で可愛い洋服を持っていなかったため、このキャミソールを着用・・・苦笑

バスの中では、クルーズ船の部屋割りが取り決められました。

実は、私は1人参加の男性とツインの同部屋、という設定になってしまっていたのですが、ツアー会社の方が気を利かせてくれて、同じく1人参加のフランス人女性と同じ部屋にしてくれました。

これをきっかけに、バスでも隣同士に座り、ツアー中も一緒にビーチを回ったりカヤックをしたりと楽しく過ごすことができました。

このフランス人の彼女は、ベトナムへ来る前は、フィリピンでのんびりスパ三昧をしていたようです。

ベトナムも物価が安いけど、フィリピンも物価が安くてオススメだと言っていました。

今度はフィリピンも行ってみたいです!

途中で立ち寄った島では、めずらしく砂浜があったり、山(島の頂上)まで登ると、素晴らしい展望を臨むことができたり(のはず!)だったのですが、あいにくの天気でもモヤがかかっており、絶景!とまではいきませんでしたが、不思議な色の海の色と霧のコントラストを堪能しました。

ハロン湾に浮かぶ島にある洞窟へ

その後は、大きな洞窟の有る島に立ち寄りました。

ハロン湾の自然はもちろん素晴らしいのですが、この自然が長い年月をかけてつくり出した鍾乳洞の見学も楽しかったです。

あの湾に浮かんでいる島にあんなに大きな鍾乳洞があるというのは結構びっくりしました。

そのあとはペアになってカヤックのアクティビティ。

私はカヤックが大好きです。

ハロン湾の上をカヤックで進んでいく感触は格別でした!

カヤックで戻ってきたら、ここで水上生活(水上ビレッジ?)をしている方々が船でモノを売りに来ていたりしていました。

何を売っているのかと思えば、意外とポテトチップスなどのお菓子なんかだったりして、ちょっとした「コンビニ」のような感じでしょうか。

びっくりです。

その後は、クルーズ船にもどり、ツアーのスタッフがイカの釣り方を教えてくれて、釣りに挑戦したり甲板のサンデッキで(この時は雨はやんでいましたが日は差していなかった・・・)ゴロゴロまったりしたりして、各々の時間を過ごしました。

クルーズ船泊のメリットとして、湾の夕暮れも楽しめますね(写真↓)

46612_10200306425396734_348059574_n.jpg

©haneusagi.com

同部屋のフランス人の彼女が、夕食まえにシャワーを浴びたいということで、彼女の後に私もシャワーを浴びたのですが、シャンプーなどは持ってきていなかったので、船に備え付けのモノを使いました。

はい、もちろん髪の毛はガサガサになりました・・・。

甘く見ていたのですが、最低限のお泊りセットは持っていきましょう!(私はほとんどをハノイのホテルに置いてきた)

ディナーでは、ランチの時に同じテーブルになった同年代くらい(というか、おそらく皆私より若い)の6人で夕食を楽しみました。

メンバーは、イギリス人とアメリカ人の女子2人、アルゼンチン人のイケメン2人、フランス人の彼女、私というメンバー。

写真はクルーズ船内のダイニングエリア。クラシックなウッド調のインテリアでした。

306033_10200306429836845_726389_n.jpg

食事の後は、皆の旅行ストーリーをシェアしたり、出身国の素晴らしさを語ったり・・・ハノイウォッカという焼酎ボトルを持ち込んでいたツワモノもいて(バーでドリンクを買うととても高いので)その後は、船にいた他のアメリカ人、韓国人やアイルランド人などとも一緒になり、宴会の始まりです。(笑)

私は、こういった海外旅行でいつも思うことがあります。

皆、自分の国のすばらしさや特徴、もし聞き手が「あなたの国前から行きたかったんだよ!」とノリノリになった時に、オススメの場所や理由など、自国についての情報を上手に、そして情熱的に語れること。

でも、自分の中では、「どんな国より日本が一番だよ、日本にも遊びに来てよ!」と思うのですが、彼らのようにうまく要約してて話すことができない。

日本人の謙遜することが美徳というようなことはここでは通用しません。

私は、旅行するたびに、出会った人には日本にきて、日本のすばらしさを知ってほしいなあ、と思うようになり、できるだけ日本の事を伝えるようにしています。

ここで、やっぱり「英語」っていうのがキーワードでもあるんですよね。

日本人はプレゼンテーションが下手な上に、それを英語で!となると、またまたハードルが上がってしまいます。

これがうまくできるようになると、旅行も数倍楽しくなりますし、他の旅行者との会話も一段と楽しむことができます。

>>あわせて読む

翌日は真珠の養殖場を見学

そんなこんなで、おそらくここのバーでもらった氷のせいだと思うのですが、若干おなかの調子が良く無かったので、宴会を途中で切り上げて部屋に戻りました。

翌朝の朝食ではもちろん昨日の宴会話で盛り上がり決定です(笑)

2日目は、雨は降っていませんでしたが、やはり曇っていて少し残念でした。

またリベンジでいつかまた訪れたいです。

翌日は、天気のせいだったのかわかりませんが、ハロン湾で行われている真珠の養殖場へ立ち寄りました。

真珠の芯となる部分を貝に埋め込んでいく作業を見学したり、真珠のアクセサリー売り場を見たりしました。
クルーズ船上でベトナム料理のクッキングクラスを実施しているツアーもあるようです。

そっちの方が興味あったんだけどなあ・・・まあ、仕方ないですね。

お昼ごろ埠頭に到着し、また観光バスに乗り込んでハノイまで戻りました。

このツアーで知り合ったアルゼンチン人のイケメン2人とは今も連絡を取り合っています!ウフフ

旅行って、ただ観光するだけではなくて、こういった人々との出会いがたまらなく好きです。

私にとっての海外旅行の醍醐味は、観光、食事、人との出会いだと思っています。

このハノイと組み合わせのハロン湾クルーズツアーも、マレーシアのランカウイ島と同様(詳しくは「女子旅、カップル、一人旅にもオススメな癒しのランカウイ島」をどうぞ)女子旅、カップル、一人旅にお勧めです!

コメント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
タイトルとURLをコピーしました