ドイツで食べたいドイツ料理10選!有名・定番からご当地や季節のオススメグルメまでをご紹介

Germany
参照:Tegut website

こんにちは!はねうさぎ(@haneusagi_com)です。

まだまだ旅行ができる現状ではありませんが、多くの方が「せっかくドイツに行くならドイツ料理を食べてみたい!」と思う事でしょう。

ご存知の通り、ドイツは東西南北その土地によって有名な「ご当地」的な美味しい食べ物があります。

なぜなら、南ドイツには海がありませんし、北ドイツには山がありません・・・と、言うように、地域によって地形や気候が違う上、ドイツの隣国は全部で9か国ありますから、接している隣国との距離などによっても、その土地の料理に大きな影響があるからです。

ドイツでは近年外国料理の人気が高まっており、どんな小さな町にもイタリアのピッツェリアがありますし、私達に嬉しいアジア料理(主に、スシ、ベトナム、タイ、中華料理など)、ギリシャ料理、インド料理のレストランを見つけることができます。

また、トルコ料理のケバブはドイツ全土で人気で、私の住むドドドド田舎にはなんとケバブ屋さんが2軒もあります(正直、いらない・・・失礼!)。

個人的に、メキシコ料理やタイ料理は、多くのレストランでかなりドイツ人向けにローカライズされているお店が多い印象で、お味は微妙ではありますが、ドイツ人に人気があると思います。

とは言え、中高齢の方を中心に、まだまだ「Deutsche Küche(ドイツ料理)」の人気は、いまだにトップに君臨していると言って良いでしょう。

今回は、ドイツだからこそ味わえる、ドイツで食べてみたい伝統的な食べ物(お料理)や季節限定の食べ物をご紹介します。

ドイツで食べたいドイツ料理1:Sauerbraten(ザウアーブラーテン)

参照:Tegut website

ザウアーブラーテン(Sauerbraten)とは、赤ワインビネガーなどを使用した少し酸味のある特製マリネ液を使った牛肉(または豚肉など他の種類のお肉を使う地域もアリ)のローストの事で、通常は赤キャベツを甘酸っぱく煮た「Rotkohl(ロートコール)」と一緒に食べます。

何度が日本からの友人やお客様をレストランへお連れして、この料理をお勧めしていますが、個人的な統計的でいうと、男性がこの「ザウアーブラーテン(Sauserbraten)」が美味しかった、という方が多いと思います。

でも、私も好きです!

薄くスライスされたお肉に、ロートコールを乗せて、グレービーソースと一緒に頂くと、とっても美味しいです。

現在南米のある国に住んでいる私の義理妹に「ドイツ料理で一番恋しくなるモノってある?」と質問したら、一番はこの「ザウアーブラーテン」だと答えました。

「ドイツ人にとってのふるさとの味!」、「ドイツの国民食!」と言っても過言ではないこの「ザウアーブラーテン」の有名なご当地は国内にいくつかあるので、ぜひ味わってみてください。

ドイツで食べたいドイツ料理2:Wurst(ソーセージ)

©haneusagi.com

ドイツと言えばソーセージ!(笑)

最も一般的なのは、焼きソーセージ(Bratwurst)です。

当然のことながら、ドイツにはあらゆる場面に登場する色々なソーセージがあります。

上記写真は私の住む村から一番近い街のヴュルツブルク・スタイルのソーセージ。

指位のサイズの小さめなソーセージで有名なのは「ニュルンベルクソーセージ」で、クリスマスマーケットの屋台でも必ず出ています。

>>あわせて読む

以下写真は、有名なテューリンゲンソーセージ。

©haneusagi.com

また、ベルリン発祥のスパイシーなカレーケチャップをかけて食べるCurrywurst(カリーヴルスト)はドイツ人に人気の軽食です。(以下写真)

© gkrphoto / Shutterstock

一般的な焼きソーセージにポテトサラダを添えたもの(Würstchen mit Kartoffelsalat)は、ランチによくドイツ人が食べるので、ビアガーデンなどでも良く見かける事でしょう。

焼いたソーセージにドイツ風のポテトサラダ(またはザウアークラウトが選べる場合も)が添えられてきます。

「ドイツ風のポテトサラダ」は、大きく分けると、1)ブイヨンとお酢ベースのポテトサラダ、2)マヨネーズ風味のポテトサラダ、と、2種類あります。

南ドイツへ行くと、1)番が主流で、北ドイツへ行くと、2)が主流となります。

個人的には、1)のブイヨンとお酢のシンプルなドイツ風ポテトサラダが大好きです。(以下写真)

参照:www.kochbar.de

これを食べると「お~!ドイツに来たな!」という感じがしますし、ドイツビールとの相性もいいように感じますw

ドイツで食べたいドイツ料理3:Kartoffelgerichte(ジャガイモ料理)

先ほどドイツ風ポテトサラダのことを書いたので、ここではジャガイモをご紹介します。

ドイツと言えばジャガイモ!のイメージを持っている方もいる事でしょう。

とは言え、ジャガイモは南米発祥と言われていますので、私のドイツ語学校時代のペルー人から言わせると「ドイツのジャガイモは種類も少なくてマズイ」とのことですが、日本人にとっては興味深い食べ物の一つです。

何と言っても、ドイツのスーパーには、調理するメニューやレシピによって仕上がりに違いが出るので、ジャガイモの種類が分けられて販売されています。

例えば、

「Mehlig kochende(でんぷん量多め)」

→マッシュポテト、スープなどに適している

「Festkochend(でんぷん量中度)」

→煮崩れしにくいので、茹でイモ用、炒め用、オーブン用など

等々と、他にもたくさんのジャガイモのネットの表示があるので、それを見て買うとお料理や用途の指標になります。

ジャガイモは、フライパンで焼いたもの(Bratkartoffeln)、茹でたもの(Salzkartoffeln)、フレンチフライ(Pommes frites)、マッシュしたもの(Kartoffelpüree)など、ほとんどすべての食事に使われます。

注意点としては、半端ない量のジャガイモが出てくる事です。

一度、フランクフルトのステーキ屋さんで、ステーキの付け合わせのジャガイモはどんな風に調理しますか?と好みを聞かれて、ベイクドポテトを選択したのですが、私の手のひらよりも大きなサイズのジャガイモが付け合わせに出てきて、完食できなかったことを覚えています。

食事の量が気になる方は、注文の時に確認してみると良いでしょう。

>>あわせて読む

ドイツで食べたいドイツ料理4:Schnitzel(シュニッツェル)

参照:www.gutekueche.de

もともとはオーストリア料理であるシュニッツェルは、ドイツのレストランは勿論の事、一般家庭でも食べられています。

スーパーにはシュニッツェルの冷凍食品もあります。

オーストリア本家では、仔牛を使用しますが、宗教上の理由や好みなどから、豚や七面鳥のシュニッツェルもドイツでは一般的にです。

これらのお肉をミートハンマーで薄くたたいて伸ばしたものに小麦粉を付け、溶き卵にくぐらせてパン粉をつけて油で美味しく揚げます。

そう!日本のトンカツに似ていますので、ドイツ人の好きな日本料理を聞くと「トンカツ」と回答する人も結構いますw

このシュニッツェルを原型として、グレービーソースとマッシュルームをかけたイェーガーシュニッツェル(Jägerschnitzel)、ハムとチーズを詰めたコルドンブルー(Cordon-Bleu)、クリームソースとコショウをかけたラームシュニッツェル(Rahmschnitzel)など、さまざまなバージョンがあります。

はねうさ夫(私も)、オーストリアオリジナルの「ウィナーシュニッツェル」が好きなのですが、まだ夫と知り合うかなり前にウィーンへ一人旅した時に、旅人のカンで行きついたお店に何も知らずに入った事があります。

中に入ったらびっくり!大繁盛で相席となりました。

ほぼ全員がピッツァくらいの大きさのシュニッツェルを食べていて(薄く伸ばしているので大量ではない、と言われたけど・・・)、「揚げ物じゃなくて違うメニューありますか?」とお店の人に聞いたら「それなら他のレストランへ行った方が良いよ」と言われたのを思い出します(笑)

後から思うと、ウィナーシュニッツェルの有名店だったに違いありませんが、ネットの口コミなどが普及する前の時代だったので、どこのお店かは今でも謎のままですw

ドイツで食べたいドイツ料理5:Spätzle(シュペッツレ)

参照:gutekueche.de

黄色く輝く卵麺の「ドイツのパスタ」とも称されるシュぺッツレ。

手作りの出来たてほやほやをいただくと、そこはもう天国・・・w

義理母も、シュペッツレ用の器具を持っていますし、また、中国の刀削麺を作るような要領でまな板の上に広げた生地を沸騰した塩湯に削り入れてシュペッツレを作る方法も教えてくれました。

柔らかい卵麺の一種であり、ドイツ、オーストリア、アルザス、南ティロル料理で使われる。Spätzleは、(ドイツ南西部の地域の方言の一種である)シュヴァーベン語で雀を意味するシュパッツの縮小形で、スイスではシュペッツリまたは クノップフリ、クネプフレ、ハンガリー語でノケドリまたはガルシュカ、ポーランド語ではザツィエルカという。
by Wikipedia

※ちなみに語源には諸説あるようです。

ドイツに来る前は、偶然ドイツ企業で働いていたのですが、本社が「黒い森」にあったので、バーデン=ヴュルテンベルク州に行って初めてレストランでこの手作りシュペッツレを食べたときの衝撃を今でも覚えています。(それもお代わり自由だった!w)

このシュペッツレは、ほうれん草入り、チーズ入り、ベーコン入りなどもあり、とても美味しいです。

また、ドイツ版「マックェンチーズ(”Mac’n Cheese”: macaroni and cheese)」とも言える、ケーゼシュペッツレも大人気です(以下写真:カロリー高いのでお気を付けください!)。

ヤバいヤツ 参照:daringgourmet.com

ドイツで食べたいドイツ料理6:Maultaschen(マウルタッシェン)

参照:bofrost

こちらも南ドイツで良く食されている、ドイツ風のラビオリ「マウルタッシェン(Maultaschen)」。

地域により「Teigtasche(タイクタッシェ)」とも言います。

ひき肉や野菜などが入ったドイツ風ラビオリで、イタリアのラビオリよりもかなりボリュームがあります。

シュヴァーベンには、聖金曜日にこれを食べる伝統がある。現地での言い伝えによれば、マウルタッシェの由来は、四旬節の期間に肉が食べられなかった宗教的な背景から、どうしても肉を食べたい人が肉をパスタ生地の中に隠せば神様からは肉が見えないので見つからないだろう、という発想から作られたことにあるという。
by Wikipedia

ドイツ人は、このマウルタッシェンにソースをかけて焼いてグラタン風にしたり、スープにお団子?スープ餃子のようなイメージで入れたりして食します。

料理や好みに合わせて、大きさや形、フィリング(ほうれん草入り、ハーブ入り、きのこ入り等)の様々な種類をスーパーで買うことができます。

意外とお腹いっぱいになるので要注意!(笑)

ドイツで食べたいドイツ料理7:Klöße/Knödel(クネーデル団子)

©haneusagi.com

先ほどご紹介したジャガイモは主食というよりかは、お肉などのメインディッシュの付け合わせに良く使われますが、もう一つの一般的なつけ合わせとして、クルーゼ(Klöße)とかクネーデル(Knödel)と呼ばれる「団子(ダンプリング)」があります。

呼び名や作り方は地域によって異なりますが、一般的に、ドイツ北部ではKlöße、南部ではKnödelと呼ばれています。

また、ドイツだけでなく、ハンガリーやチェコ、ポーランド、オーストリア、フランス等の隣国でも同じような「クネーデル風の団子」があります。

ジャガイモから作られたものや、パンの残り物を丸めて作ったもの、パンとジャガイモ両方のハイブリッド等、色々なクヌーデルがあります。

調理方法は、茹でたり、蒸したりするものが一般的で、モチっとした食感があり、あまり「モチモチ感」が得意でない私は、あまり好きな付け合わせではありませんが、一番最初にご紹介した「ザウアーブラーテン」の付け合わせには、紫キャベツとこのクヌーデルが王道だし、好きですね。

ドイツで食べたいドイツ料理8:Eintopf(ワンポットシチュー)

参照:LECKER.de

ドイツ語「Ein(ひとつ)+Topf(鍋)」をそのまま直訳したような料理が、Eintopf(アイントプフ)というワンポットっシチューや、煮込みを意味するこの料理。

ドイツ鉄道に乗って旅するなら、食堂車に座ってコーヒーやビールを飲んだり食事をする機会もあると思いますが、そのドイツ鉄道のレストランメニューにも大抵この「Eintopf」があります。

「シチュー」と一言で言っても、日本のクリームシチューでは無いので、クリームシチューを期待してはいけません。

その日やシーズンによって、具材や味付けが違いますが、大抵のEintopfには、ソーセージとジャガイモ、エンドウ豆やレンズ豆などのお豆などが入っています。

ドイツで食べたいドイツ料理9:Schäufele(ショイフェレ)

参照:Wikipedia

すでにいくつかご紹介しましたが、折角なので、私が住んでいる地域のお料理を最後にもうひとつ紹介します。

「ショイフェレ(Schäufele)」とは、主に南ドイツ(何度かフランクフルトのドイツ料理店でも見かけたことがあります)の伝統料理で、豚の肩肉から作られる、まるでマンガに出てきそうな「ザ!お肉!」な一品です。

私の住むフランケン地域はこの伝統料理が有名で、発音は「Schäuferla/ Schäufala(ショイフェラ)」のように、少し訛っていますw

ニュルンベルクやバンベルクに行くとレストランのメニューによく登場します。

フランケン・スタイルの「ショイフェレ(Schäufele)」は、骨付きの肩肉のブロックを塩、コショウとキャラウェイで下味をつけ、さいの目に切った根菜と飴色に炒めたタマネギにダークビールを加え、オーブンで2〜3時間煮込んだ調理法が主流です。

骨付きのお肉の塊ではありますが、長時間オーブンでじっくりと過熱しているので、お肉がホロっと骨から簡単に剥がれ、皮は黄金色にこんがりと焼けてカリとした食感なので、好きな人はきっとハマる食事と言えるでしょう。

日本から来たお客さんや友人をレストランへ連れて行くと、必ず他のお客さんが別のテーブルでショイフェレを食べているのを目撃するので、「あのすごいお肉の塊は何!?」と興味津々になります(笑)

レストランでは、グレイビーソースにジャガイモの団子(先ほど説明したクヌーデル)が添えられていますが、それ以外の付け合わせやサイドディッシュは、地域差・お店によって違いがあります。

フランケン地域は「上・中・下」の3エリアに分けられているのですが、一般的に、ミッテルフランケン(中)ではミックスサラダ、オーバーフランケン(上)ではザワークラウトまたは赤キャベツ煮、ウンターフランケン(下)では、Wirsing(ヴィーシッヒ)と呼ばれるサボイキャベツをペースト状にしたような料理がサイドディッシュとして添えられます。

紹介しておいてなんですが、私は一番最初にドイツに来た時にこのお料理をニュルンベルクでいただき、その後1度も注文したことはありません・・・(個人的にはそんなに好きじゃないのです)。

「食べてみたい!」という方もいると思うので、ぜひ南ドイツを旅行した際には覚えておいてくださいね^^

>>あわせて読む

ドイツで食べたいドイツ料理10:Fischgerichte(お魚料理)

©haneusagi.com

ドイツにシーフードのイメージは無いかもしれませんが、高級レストランや主に海が近い北ドイツでは、お魚料理もおいしいです。

近年は、ドイツ料理(またはヨーロピアンフュージョン)でも、お魚を使ったメニューはドイツ人にも人気があります。

「ドイツ料理ってイマイチ・・・(美味しくなさそう)」という方もいらっしゃると思いますが、年々レベルは上がっていると思います。

話がズレましたが、おそらく、ドイツ人に人気の魚トップ3は、サーモン(Lachs)、スズキ(Zander)、ニシン(Hering)。←私の勝手な想像です

これらの魚料理は、地域差はあるものの、ドイツのレストランで良く見かけます。

また、ドイツではマスや鯉などの淡水魚も食べますし、燻製や酢漬けにされたお魚も人気がありますので、お肉ばかりのドイツ料理に飽きたら、お魚料理も挑戦してみてください。

>>あわせて読む

ドイツの季節の食べ物:白アスパラガスとフェーダーヴァイザー

©haneusagi.com

日本人も旬の食材へのこだわりや、「季節もの」「季節限定」等には弱いと思いますが、ドイツ人も旬の食材にこだわりを持っていると言えます。

初夏にはシュパーゲル(Spargel)と呼ばれる、ホワイトアスパラガス(基本的に白)、初秋には初秋の新ワインを意味するフェーダーヴァイザー(Federweißer)を飲まないわけにはいきませんね^^

これらに関しては、過去記事があるので興味のある方は以下リンクから読んでみてください。

>>あわせて読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました