子供と行くローテンブルク半日観光!オススメのスポットは?

Germany

こんにちは!はねうさぎです。

とっても久しぶりのブログ更新となりました。

日本は夏休み、私の友達も色々な所へ出かけているようで、SNSでその様子を写真や動画で見るのが楽しいです。

さて、ブログをなかなか更新できなかった理由は、日本から私の家族ご一行様が来ており、フルサポートだったためです。

家族に会えるのは嬉しいのですが、通訳から文化の違いなどの説明まで、なかなかホスト側も疲れるものです。

今回は、姪っ子と甥っ子合計3人の子供もドイツへ来たため、一緒に行ったローテンブルク観光で、子供と行って楽しいスポットをお伝えします。

別の街から日帰りでローテンブルクへ

68328085_10217012905128286_5967892620121210880_n.jpg
© haneusagi.com
私の家族は、ヴュルツブルクに滞在してもらい、そこを拠点に、ニュルンベルクやローテンブルクへ日帰りで行くという方法にしました。

ドイツ・ヴュルツブルクのレジデンツに行ってきた

荷物を持って別の街へ移動し、ホテルにチェックインするのはなかなか体力が必要です。
同じ場所に連泊すれば、荷物をその都度パッキングする必要もないですし、勝手もわかってきて、旅行がしやすくなります。
何と言っても民族大移動か?!というくらいの大人数グループ(私達を含め3家族一緒の行動)でしたので、車では移動が難しかったため、バスからトラムから電車から乗り放題の「バイエルンチケット」を購入し、ローテンブルクまで移動しました。

ドイツの旅をお得に!バイエルンチケットでお出かけしよう

ここで注意が必要なのですが、平日の場合、バイエルンチケットは朝の9時からしか使用できません。
よって、宿泊したホテルから9:00のバスに乗り込み、ヴュルツブルク中央駅まで移動。その後、ローテンブルクまで電車で移動しました。
移動時間だけでも片道で1時間半くらいはかかります。
連日の観光からくる疲れや、ホテルに戻って夕食を取る時間やシャワーをする時間を考慮すると、実際にローテンブルクで過ごす時間は約半日。
時間には余裕を持ちたい反面、綿密な計画が必要となります。
私たちは、
9:00にホテル出発~11時前にローテンブルク到着
~マルクト広場~市庁舎タワー
~ランチ
~クリスマスショップ~テディベアショップ
~プレーンライン~公園
16:00の電車にのり、ホテルへ到着17:40頃
各々の自由時間(私は夕食の準備、はねうさ夫と子供たちはプールへ・・・)
19:30 我が家で皆で夕食
というスケジュールでした。
お子さんたちが飽きない、外で食事をする予定の場合には、もう少し長く観光できると思います。
とは言え、大人も歩き疲れますから、無理のない観光計画を!
ちなみに、子供たちの年齢は、17歳、14歳、11歳でした。

子供と一緒 に行くローテンブルクオススメ1:市庁舎のタワー

dsc02092.jpg
© haneusagi.com
高所恐怖症の方がいない限り、ローテンブルクの市庁舎のタワーにのぼるのがオススメです!
ローテンブルクは、ドイツ人が選ぶドイツの美しい街ランキングの上位にいつもランクインしており、ドイツ内外が認める、中世の街がそのまま残る可愛いメルヘンの街。
また、ローテンブルクの市庁舎は、正面部分がルネサンス様式、アーケードがバロック様式、塔のある建物がゴシック様式、という風に、時代によって異なる3つの建築様式がミックスされているユニークな建築物で、とても興味深いです。
街歩きをしながら可愛い建物を見るのも楽しいですが、52メートルある市庁舎のタワーの上からは、市内を一望することができるので、ローテンブルクの全景を360度パノラマで楽しむことができるのです!
階段は210段あるそうです。最後の階段は、階段と言うよりハシゴのような感じで、「えー!?これ登るの?!」と思いますが、タワーから眺める景色は最高です。
最後はハシゴのような階段を上りますので、女性は、絶対にスカートで行ってはいけない場所です!服装に気を付けましょう。
私の母も70歳ですが、登って下りることができました。
足腰がまだ大丈夫なシニアの方でも、ゆっくり登り降りすれば、安全に行けると思います。
料金は一人2ユーロ。18歳以下の子供は1ユーロでした。
お昼時に休憩時間?!があり、その時間は登れませんので、開いている時間帯にご注意を。
また、タワーにのぼる入口に、入場ゲートのようなものがあり、一定の人数を超えると赤いランプが点灯し、出てくる人を待って入場することとなりますので、グループで登る時には中止が必要です。
実際、私の弟は最後まで取り残され、結局登るのを諦めました。
【登れる時間帯は以下の通り】
4~10月:9時30分~12時30分、13~17時、
1~3月、11月:土・日曜 12~15時
クリスマスマーケット期間:10時30分~14時、14時30分~18時

子供と一緒 に行くローテンブルクオススメ2:Käthe Wohlfahrtクリスマスショップ

68240965_10217012905368292_3231509655226155008_n.jpg
© haneusagi.com
子供だけでなく大人もメルヘンの世界にどっぷりハマル事の出来る「ケーテ・ウォルファルト クリスマスショップ(Käthe Wohlfahrt)」。
365日クリスマスなこのショップは、お店の入口はもちろん、中には「ドイツクリスマス博物館」まである(有料)、クリスマスのディスに―ランドと言っても良いような、夢の世界を提供しています。
クリスマス博物館は、大人は4ユーロ、子供は6~11歳まで2ユーロ。ファミリーチケットもあります。
こちらがホームページです(英語・ドイツ語のみ)
また、ショップで販売されているクリスマスオーナメントは、種類が多すぎて、選ぶのがとっても難しいほどです。
大きなクリスマスツリーや、仕掛けおもちゃは子供にとっては見所そのもの!
特に女の子のお子様と一緒だと、何時間もこのお店に滞在することに・・・苦笑

子供と一緒 に行くローテンブルクオススメ3:テディベアショップ

68361670_10217036387435329_5757866674942377984_n.jpg
私の一番小さい姪っ子はドイツ2回目。
他の子供たちは初めてだったのですが、今回のローテンブルクのリクエストは、その姪っ子から「また行きたい!」とのことで行きました。
一番のお目当ては、この「テディベアショップ(Teddy Land)」。
お子さんによって、ぬいぐるみやテディーベアに興味がない子もいるかと思いますが、こちらのテディベアショップでは、ドイツを代表するテディベアブランド「Steiff」をはじめ、他のメーカーのくまさん達もたくさんお店に並んでいるので、色々なテディーベアを見たい方にはオススメです。
私は、友人が出産したばかりなので、ちいさなテディーベアの「ガラガラ(ラトル)」をプレゼントとして買いました。
日本語のホームページもあります。
【所在地】
Herrngasse 10, 91541 Rothenburg ob der Tauber
私の姪っ子は、教会が好きじゃないらしく(怖いらしい)、なかなか教会の中や中世犯罪博物館などへは行くことができなかったのですが、テディーベアは好きなようです。

子供と一緒 に行くローテンブルクオススメ4:ブルクガルテン

Bild1.jpg
参照:ローテンブルク観光サイト(https://www.romantisches-franken.de/poi/detail/5adef5ba975a2cb9f1a5cf8e)
ローテンブルクは可愛い街並みを見ながら街歩きをするのも楽しみのひとつです。
そして、ローテンブルクにはいくつか公園があり、そのひとつとしてブルクガルテンがオススメです。
ブルクガルテンに入ると、左手の南側には、街の南部から二重橋で結ばれたタウバー渓谷やコーボルツェルの教会などが一望できます。
手入れされたお庭にたくさんの花が咲いていて、とてもきれいです。
その日により、音楽を演奏する人がいたりして、平和な空気が流れています。
子供と一緒にきれいな景色をみてベンチで休憩するのにオススメ!

子供と一緒 に行くローテンブルクオススメ5:プレーンライン

67749295_10217012906128311_534277155480141824_n.jpg
© haneusagi.com
絵葉書や、ドイツの観光ガイドブックの表紙を何度も飾るローテンブルクの街並みの写真、そうです、それは「プレーンライン」と呼ばれる、街で一番人気がある(写真撮影の?!)場所。
コボルツェル門とジーベル門に挟まれるように、小さな井戸とカラフルな木組み様式の建物が見え、その左右には、美しく修復された民家が並んでおり、中世にタイムトリップしたような気分になります。
太陽の光によって、見る色や建物の影が移り変わり、何度シャッターを切っても、また写真を撮りたくなってしまうという、魅惑の場所です。
狭い石畳みの道を、現在の自動車がせわしなく通っていく様子をみると、少し不思議な気持ちになります。
道の両脇には、お土産屋さんやカフェ、アイス屋さんなどが立ち並んでいるので、夏場ならちょっと休憩に、子供と一緒にアイスを食べるのもいいですね!

コメント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
タイトルとURLをコピーしました